Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

いきいきサロンきのくにを作る その2 

みなさんおはようございます。


遂にタイトルが変わってしまったワカ座です。

1号車から順に作っていこうと思います。
まずは先日失敗の要因となった車両から・・・


スロフ12-808。
PB130594_convert_20121116044423.jpg
↑ここまで出来ました。
マスキングテープは車体側面のルーバーを削らないようにするためです。

PB130595_convert_20121116044450.jpg
↑テールランプと貫通渡り板の表現を切除します。

PB130596_convert_20121116044507.jpg
↑幌枠部分を外して、パテで埋めてしまいます。テールライトも埋めちゃいます。
お隣は屋根部分がズタズタのオハフ12。

テールランプの下にある標識掛を削ってしまわないように注意していたんですが・・・
うっかり削ってしまいました(涙) またパーツを買いに行かなきゃ・・・orz


PB130598_convert_20121116044523.jpg
↑埋め込みのテールランプを試作してみました。試作なので、白(点灯すれば赤)を使いました。
ちょっと暗めなので、そのまま導光材無しで使おうと思います。

角型のLEDをそれらしい寸法まで削っていきます。
HOならではの方法ですよね(笑) Nでは難しいでしょう!

PB130599_convert_20121116044538.jpg
↑まだ車体は加工していませんが、両端のスロフにはヘッドマークが点灯します。
もともとのテールライト用のライトケースを活用してヘッドマーク用のライトケースを製作します。

電球から白色LEDに改造し、ライトケースの横幅をせまくしています。

が、だいぶテールライトが内側まで寄って来るようなので、もう少し幅を詰めた方がいいみたいです。

PB140602_convert_20121116044613.jpg
PB140603_convert_20121116044630.jpg
PB140604_convert_20121116044644.jpg
↑現在のスロフ12-808の姿。

後の作業は・・・
*テールライトの穴開け
*ヘッドマークの穴開け+ガラス作製
*客用窓の製作 ←まだ方法が思いつかない(汗)
*屋根板の改造
ですね・・・。


続いて2号車にも手を付けました。
PB140606_convert_20121116044747.jpg
PB140607_convert_20121116044808.jpg
↑オロ12-816です。
ただ、1・4・6号車以外は一緒なんですけどね(笑) ということは、2・3・5号車は同じ改造です。

改造箇所は・・・
*山側(だと思う)のトイレ・洗面所窓を埋める。
*非トイレ側の客用扉を埋める。但し、山側(だと思う)は小窓を開ける。
*海側(だと思う)の客用窓のうち、一番トイレ寄りの窓をひとつ埋める。
*残った客用窓はモールドを削って嵌め殺しの窓を取り付け。
*屋根の加工

これ、3回もやるのか・・・orz



最後に・・・
前々から気になっていた、問題の4号車(爆)。

一体どんなことになってしまうのかと、マスキングテープで窓枠を書いてみたら・・・
PB130600_convert_20121116044554.jpg
↑あら~

全部、撤去やなぁ(汗)
どこか柱が残ってくれていればよかったのですが、どうやら難しいようです。

さぁ、こりゃどうなるかな???


では!!ノシ
関連記事
スポンサーサイト



Category: HO お座敷列車

TB: --  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

2020-10