Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

急行「きのくに」を作る(キロ28) 

皆さんこんばんは

初めて乗ったキハ40は、まさかの5年ほど前(実話)という工場長です。
もちろん原型ではなく、西日本更新車(播但色)でした。


さて、
何度も製作しているKATO製キロ28のユニットサッシ車。
*たかやま色
*国鉄色
*九州一般色
と続いていましたが・・・

DSC_0634_convert_20150505170140.jpg
↑見た目には完成しているキロ28(手放してしまっているので手元にはありません)

実は・・・モヤモヤ感(未だに納得できていない箇所)があって、どうしてもリベンジしたかったんです。
この時はキロ28だけ塗り替えて、他の車両は吊るしのままでいけるように・・・ということで、調色したんです。
予想通り調色は失敗し、取り替えた窓枠付近を部分塗装して誤魔化す方法に急遽変更したんです。

作った本人しか分からない違和感(あるあるですかね?)がずっと残っていました。


という訳で、今回こそ国鉄色のままで「急行 きのくに」を製作します。
乗ったことは一度もありませんでしたが、381系と共に線路脇でよく見た組み合わせにしようと思います。

きのくにが無くなる年の天ワカのキハ58系列の配置表が見つかったので、参照していきながら番号を特定していきます。

画像検索で一発で見つかったのが2190。
ユニットサッシ車で屋根に蛍光灯用のベンチレータが搭載された2100番台です。

KATOが製品化しているキロ28は0(2000)番台なんですね。
天ワカに0番台は末期に2両しか配置がなく、うち1両は4DQだったそうです。ユニットサッシだったかどうかは全く手がかりが掴めていません。
0(2000)番台でユニットサッシの車番をご存知の方、情報をお待ちしておりますwww

IMG_20180302_182908_convert_20180307070720.jpg
↑早速、塗装まで終わらせていますが…(汗)
上段が今回製作しているユニットサッシ車です。 やっぱり完全には色は合いませんでした。
今回はスッパリ諦めて全塗装することに。

IMG_20180306_004828_convert_20180307070738.jpg
↑サクっと完成ですw 
クーラーはTOMIXの分売で、八角形のものをを使用しています。

IMG_20180306_004912_convert_20180307070814.jpg
↑妻面と屋根の手摺を取り替え、よく「ポッキリ」折れるホース類はホース部分を被覆付きのコードに置き換えてみました。
塗りにくい貫通扉も塗装。  室内灯をまだ入れてないので見えにくいですが、座席も全塗装し直しました。



とりあえずグリーン車だけ完成したきのくに。
全塗装してしまったので、他の車両も全塗装になるという負の連鎖に陥りました。
ただいま、キハ58を製作中です。
簡単に終われないような予感がしてならないのですが・・・ 早めの更新ができるよう頑張ります!



それでは!!ノシ
関連記事
スポンサーサイト

Category: HO 急行型

TB: --  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

2018-09