Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

KATOキハ58で広島急行色を作りたかったんです(完成しています) 

みなさんこんにちは~

前回、書く事が溜まって・・・と書いていましたが、撮影を忘れているのも多いことに気づきました(汗)
今回は画像少なめですorz


タイトル通り、広島急行色が欲しくなりましたw
正面のJR-WEST-JAPANのインレタを入手したんです。
キハ40の岡山地域色のために購入したんですが、それだけでは余っちゃうのでね♪

色々と車番を特定していきます。
今回はキハ58-643とキハ28-2137(だったと思います)
加工のポイントは、正面の手摺の位置の変更及び金属製に取り替えることと、屋根上のベンチレータの交換が主な作業です。


まずはベンチレータ。
DSC_0581_convert_20150407095707.jpg
↑角形ベンチレータの傾斜付きになっているようです。
二年ほど前に製作した、フジモデルのキハ40キットで余っていたホワイトメタルのものを加工しました。

斜めに削るので、一部モールドが削れてしまいます。
ここはプラストラクトを使用して復元しています。

DSC_0585_convert_20150407095755.jpg
↑元のベンチレータの台座を削り取り、角形を取り付け。

DSC_0583_convert_20150407095740.jpg
↑復活急行色(笑)


次にボディ。
DSC_0587_convert_20150407095811.jpg
↑58・28共に同じ改造です。
*ワイパーカバー設置に伴い、窓下手摺は少し下方へ移動。
*運転席下側のジャンパ栓のうち、内側をタイフォン側へ移設。
*放送ケーブルを移設し、元の場所にカバーを設置。
*手摺とワイパーを金属に変更。
これくらいでしょうか?


DSC_0588_convert_20150407095824.jpg
↑サフを吹いて確認。 ここから塗装に入ります。

まず、ウォームホワイトを全体に塗装。
DSC_0591_convert_20150407095838.jpg
↑白部分をマスキング。

DSC_0596_convert_20150407095852.jpg
↑地味に面倒なマスキングに悶絶orz(傾斜を反対にしてしまい、やり直すハプニングもありましたwww)

ここで色合わせもしておきました。
DSC_0598_convert_20150407095906.jpg
↑緑2号(左)よりも、緑14号(右)の方がいいみたい。


・・・とここまで順調だったのですが。
いざ緑を塗装しようと思いマスキングの状態を見ると・・・
なんか幅がおかしいorz

このまま塗装しても変だし、このマスキング2両もやり直したくない(泣)
広島色にしようと思ったのですが、キハ58の正面が同じ改造をしている物がありません(号泣)

マスキングやり直すか正面を改造するか・・・

DSC_0600_convert_20150407095921.jpg
↑黄色5号買ってきましたw

DSC_0599_convert_20150407100556.jpg
↑広島色に急遽変更です(笑)
手摺は左右とも元の位置に戻ります。 運転席側は長さが短くなります。
車番もキハ58-544とキハ28-2309になりました。

DSC_0601_convert_20150407095937.jpg
↑安定の広島色(爆)

あとは急行たかやま同様に、ライトの変更と室内灯の追加。
p1300802_convert_20150407095951.jpg
↑車番や所属、JRインレタを貼って完成!
p1300801_convert_20150407100031.jpg
↑方向幕は、青地の普通か白幕の普通で悩んだんですが、何も出てないものもあったので白塗装で終わらせています。

ちなみにこの子も先日旅立っていったそうですw

そろそろキハ58系もお腹いっぱいになってきました。
(そもそも気動車で食中りを起こしているような・・・?)

次は何をしようか・・・と言いながら、またキハ58を加工中でございますwww

もう少しで出来上がるので、画像が上がり次第アップしたいと思います。


それでは!!ノシ
関連記事
スポンサーサイト



Category: HO 気動車

TB: --  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

2020-10