Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

でんてつ工房115系で113系を作る その3 

皆さんおはようございます。

今日は早朝の更新になった丹波黒でございます<(_ _)>
夜勤前に画像処理、勤務後に文章を書いてみました♪
↑激しく眠いんですが・・・orz


先日、クハ111-5177だけ完成した113系阪和色・・・(笑)
次も面倒なのは避けてモハユニットを作ろうかとも思ったのですが・・・
ひとつだけ問題があったんです。

何かと言うと
青22号特の塗料が極端に少ない
って事なんです(汗)
この顛末をここで書くと話が脱線してしまうので割愛しますが・・・
簡単に言うと、こぼしてしまったので量が少ないんです(泣)

一気に3両同時に塗装しないとマズイくらい少ないんですorz

という事で、気は進まないんですが反対側の先頭車、クハ111-5177を製作する事にします。

DSC_0674_convert_20131214064053.jpg
↑今回もまずは解体から。
前回の苦い経験があるので、慎重に解体を実施。 今回は問題無く分解出来ました♪


ここから早速前回とは内容が異なります。
DSC_0675_convert_20131214064118.jpg
↑窓ガラスに番号が振られました。 もちろん、ボディ側にも同じ場所に番号が振られています。

Hゴムが無い仕様のドアの再現をするため、バラバラにするんです・・・
DSC_0677_convert_20131214064155.jpg
↑ドアの部分だけ切り離します。

DSC_0678_convert_20131214064211.jpg
↑切り離されたドア以外の窓パーツは、Hゴム部分を黒に塗装して一旦保管します。
(次回登場する時は、組み立ての時でしょうね~)

DSC_0679_convert_20131214064231.jpg
↑組み立てる時に干渉するのを防ぐため、左右の切り口は整えておきます。

DSC_0680_convert_20131214064246.jpg
↑ドアガラスにマスキングテープをペタリ。 バーニッシャーなどを使ってしっかり貼り付けます。
今回、念のため2枚を重ね貼りしています。

DSC_0681_convert_20131214064304.jpg
↑Hゴムの内側を慎重に切り込んで、外側を剥がします。

DSC_0682_convert_20131214064501.jpg
↑Hゴムの内側だけが隠れた状態です。

DSC_0683_convert_20131214064446.jpg
↑裏側の窓の部分もマスキングします。
なぜ、こんな面倒な事をやっているのかというと・・・

DSC_0685_convert_20131214064537.jpg
↑先にドアの窓部分を先に接着してしまい、Hゴム部分にパテを盛って成形して、塗装まで終わらせてからマスキングテープを剥がしたらいいんじゃないの!!?
・・・って思ったんです。(コレよりいい方法が浮かばなかったorz)


続いて、コレより更に難関だと思われる部分の加工にも着手。
DSC_0686_convert_20131214064553.jpg
↑斜め上が加工するクハ111-5177になる予定のクハ115-0。斜め下がTOMIXのサハ115-1000。
初期車のトイレを撤去して、そこにユニットサッシがはまっているんですね~(汗)
どうやってサッシの枠を入れたらいいんでしょ???

とりあえず方法が全く思いつかないので、ユニットサッシの切り出しは後回しにしておいて、先にトイレ窓付近の拡大及び周辺の窓埋めを実施します。

んで、結果がコチラ
DSC_0687_convert_20131214064606.jpg
↑低収縮タイプのポリパテを使用したんですが、寒いことも重なってかなかなか固まりませんorz
ついでにHゴム部分もポリパテを盛りつけてます(コレが結構ツラかった~)。


反対側のHゴムも盛りつけしたいのですが・・・
こりゃまたブリキに着手か・・・!?(笑)


それでは!!ノシ
関連記事
スポンサーサイト



Category: HO 近郊型

TB: --  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

2020-10