Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

113系ワンマン車を作る その3 

皆さんこんにちはー。

今回も113系に付きっきりな丹波黒でございます<(_ _)>



方向幕も埋まりました♪
P3101163_convert_20130312034611.jpg
↑右側が方向幕を埋めた方です。
いつもは、方向幕のガラスをそのまま骨材として一緒に埋めてしまうのですが、正面の方向幕に利用するためプラ板で塞ぎました。

この後サフを吹きました。
P3111167_convert_20130312034634.jpg
↑結構アラが目立った(汗)ので、再び修正した後の姿。
まだ運転台が付くとは思えないですね~

ここで、開けなきゃいけない穴を開けていきます。
正面の窓は、一番最後に開けようと思います。
↑乗務員扉の付近で寸法を出そうなんて考えているからです。


というわけで、まずは乗務員扉から。
P3111170_convert_20130312034709.jpg
↑撮影してきた写真から大まかな寸法を割り出して、マスキングテープで囲みます。

P3111172_convert_20130312034728.jpg
↑前回の教訓として超音波カッターを使わず、リューターを使うことにしました。
削り過ぎると大変なことになっちゃうので寸止め(笑)

P3111173_convert_20130312034745.jpg
↑棒ヤスリ等でギリギリまで削ります。

今回使用の乗務員扉はコチラ。
P3111169_convert_20130312034655.jpg
↑モデル倶楽部さんの乗務員扉(キハ58後期)です。

偶然見つけたんですが、真鍮板の削り出しというコダワリの一品!
タブレット保護板と、扉部分のガラスまで付いてくるという超豪華仕様です♪
値段が高いのも頷けます(汗)

ただ・・・
P3121177_convert_20130312034831.jpg
↑そのまま取り付けると、とても残念な事に・・・orz

そもそもブラスキットのパーツなので、本来は真鍮板に使うものです。
厚さの違いがこんなにも酷いとは・・・

出来れば、クハ111やクハ165のAssyボディから切り出すのが一番なのですが、ちょうどこの時期はどちらも品薄(涙)
値段も結構するので何とかしたい!!

どうするかというと・・・
P3121175_convert_20130312034802.jpg
↑裏側を削ってしまいます。 目標は厚さ0.5mm(爆)
削る前は1.5mm。 チマチマ削っていきます。

P3121176_convert_20130312034817.jpg
↑ちょっとボケてしまいましたね~ 
どうも0.7mm位が限界なようです。 

できればボディとツライチにしたかったんですが・・・
P3121178_convert_20130312034842.jpg
↑段差が気になって仕方ありませんorz

もうちょっと削ってみようかな・・・?



それでは!ノシ


関連記事
スポンサーサイト



Category: HO 近郊型

TB: --  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

2020-10