Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

2018年06月の記事一覧

113系7700番台(N40・カフェオレ色)を作る その1 

皆さんこんにちは~

ここんとこキハ58ばっかで疲れてしまいましたorz
久々に電車で遊びたいと思います。


今回製作するのは、京キトの113系7700番台のカフェオレ色です。
まだ存在してると思ってたら…緑色になってたんですね(汗)
オールN40更新車だった、L8編成(だったと思う)を作りたいと思います。

今回も試作要素満載www 失敗したら立ち直れない(笑)ので、クハから作業開始。
IMG_20180616_110150_convert_20180625103700.jpg
↑早速バラしていますがw
主な改造箇所は…
*窓枠の取替
*張り上げ屋根
*戸袋窓の小窓化と一部窓の嵌め殺し
*フロントガラス左右のサッシ縦棧の撤去
*座席の取替
*塗装変更
…こんなものでしょうか?

IMG_20180616_110211.jpg
↑見えにくいですが窓枠の部分を削り、平滑にしています。 この上に窓枠を貼り付けます。
ここは今までの加工と変わりない作業です。 窓枠はいつものイコマ商会さんにて、新規設計にて切り出し。

N40更新施工車なので、雨樋も撤去しています。
…が、先に雨樋を撤去したので、張り上げ用のエバグリを貼り付けるのに難儀しましたw

続いてフロントガラス。
更新工事の際に、一枚物になったみたいです(汗)
IMG_20180623_031518.jpg
↑実はここが一番の難所だと思われていたのですが…

生まれて初めて#10000の耐水ペーパー(クロス)使った結果…
IMG_20180623_031504_convert_20180625103945.jpg
↑アッサリ終了www ガラスの曇りの心配も無かったです。 


二番目の難所は戸袋窓。
全体的に幅が狭くなり、固定方法がHゴムからシーリング剤に変わっています。
流石にシーリング剤の表現は難しいので、Hゴムを黒塗装して誤魔化したいと思います(笑)

埋める方法は色々と悩んだのですが…
IMG_20180618_021747.jpg
↑数が多いということでアクリルをレーザーカットし、該当部分を埋めるという工法にしてみました。
画像の上側の乳白色の部分が戸袋を埋める骨材、茶色い部分は透明で戸袋と嵌め殺し窓の部分に使用します。
(このカットに結構時間がかかり、費用がエゲツなくなったのは内緒w)

IMG_20180618_195851_convert_20180625103931.jpg
↑骨材の角は直角にし、ボディ側を削ることでピッタリフィットを狙ってみたのですが、どうも面倒なので骨材側の角を丸く削る方法に変更。 戸袋に白いのがくっついてるのがソレ。

IMG_20180623_133954_convert_20180625104011.jpg
↑隙間にパテを埋めて、確認のためのサフ処理。  なかなかうまくいきました♪


塗装は一旦置いといて、続いて床板。
IMG_20180624_231813_convert_20180625104027.jpg
↑床板と座席が一体モールドされているので、ニッパやリューターを駆使して撤去したら穴だらけにwww
隙間をプラ板で埋めておきました。

IMG_20180624_232333_convert_20180625104042.jpg
↑座席を置いて雰囲気確認。 今回の座席はKTMの117系インテリアセットから座席を使うことに。
(以前ホビー○フで2両分300円で2セット購入してましたw)
ロングシートもKTMを使う予定。


IMG_20180625_101944_convert_20180625104055.jpg
↑現在の状況です。 床板は、床下・台車共に塗装し、上回りも塗装しておきました。
連結器は電連になってたんですね… 探しに行かなきゃ。
ボディは屋根を接着してエバグリを雨樋上部に更に接着。 側面を整えて張り上げ屋根としました。
一部手摺がモールド表現だったので、金属製手摺に交換します。

今回も純正室内灯が組み込めないので、庄龍鉄道さんのテープLEDを使用することにしました。
うまいことできたら、以前作った113-2000の紀勢ワンマンにも組み込んでみようと思います。


できれば8月までに間に合えばいいなぁ…


それでは!
ノシ
スポンサーサイト

Category: HO 近郊型

TB: --  /  CM: 0

top △

キハ58系5500番台をつくる(2回目・完成しました) 

皆さんおはようございます。

過日に行われたスワップミート同窓会で、巣立っていった車両の補充を行うべく、次の作業を開始していました。
今回も前回に製作した姫路色と同じ理由(ボックスシートの確保が目的w)、キハ58系5500番台を製作します。

きのくに等でも加工した内ハメのテールライトは、照度が低く見え辛いことから、外ハメのテールライトを装備した車両に絞りました。
また、タイフォンもスリットに取替せず、極力パーツを使わず価格を低めにすることを念頭において作業しました。

製作する車両はキハ58-5010+キハ28-5010。
偶然にも車番が一致w
IMG_20180607_110716_convert_20180616052832.jpg
↑サクッと塗装まで完了。
きのくにで使用したクリーム4号と、調色済の赤11号で塗装。

IMG_20180607_121839_convert_20180616052856.jpg
↑貫通幌がついた方がキハ58。運転席窓下のワイパーカバーと手摺が短いというのが特徴のようです。
キハ28は運転席窓下の手摺が一段下がっているようです。
追加で、気動車放送用ケーブルと、標識掛の孔も塗装前に開けています。


そして、サクサクっと完成(撮影を忘れてましたw)
IMG_20180616_050954_convert_20180616052911.jpg
IMG_20180616_051041_convert_20180616052927.jpg
↑行き先は自作デカールで「姫路↔寺前」。 ワイパーとデフロスタはボナ製を使用、エアホースはTOMIXの分売を再塗装。
キハ58のジャンパ栓をエコーに取り替えて、ホースを追加しました。

IMG_20180616_051114_convert_20180616052941.jpg
IMG_20180616_051251_convert_20180616052955.jpg
↑手持ちのインレタで姫路のキハ47というのがあったので、そのまま貼りましたw 神ヒメ表記です。
(妻面表記が思いっきりキハ47になってますが…まぁいいでしょう)
車番と乗務員インレタはくろま屋製を使用(きのくに製作も相まって、「5」が枯渇しましたwww)。
妻面と屋根の手摺も金属に置き換え。

ロングシートをカツミ製のものを使用しましたが、塗装が剥がれやすくてかなり難儀しています。
この画像でもチラホラ元の色が見えてますなぁ…(´・ω・`)
もうちょい修正が必要そうですorz

次は何を製作しようかなぁ?

それでは!
ノシ

Category: HO 気動車

TB: --  /  CM: 0

top △

2018-06