Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

2017年07月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

パワーパック製作 

皆さんこんにちは。

タイトル通り、パワーパックを製作しています。
20170701_002.jpg
↑Mousou Factory様より無断転載(笑)
先日、三重県熊野市にある『熊野市紀和鉱山資料館』にて、初お披露目(という名の試運転)をしてきました。
正式名称は・・・
ニチユバテロコジオラマです!

詳細は、コチラでご確認ください。

今回の運転盤の製作にあたって色々な制約や、乗り越えなければならない諸問題をクリアする必要がありました。
そのうちの一つとしてあったのが、パワーパック問題です。

模型オタクな私たちは、スケールスピードで楽しみたいので自然とツマミは真ん中くらいにするんですが・・・、模型に一切触れたことのない方やお子様はそんなことを知る由もありません・・・。
お子様はもちろん最大まで行っちゃいます(笑)
イチイチ説明するのも面倒ですし、楽しい時間を「スピード落として!!」なんて怒られるのも嫌ですよね?

そこで、TOMIXのパワーパックESをベースとして速度制限装置を搭載したものを製作しました。
以前(昨年)までは、パワーパックと速度制限装置は別体だったのですが、今回はニチユバテロコジオラマ専用ということもあり、制限装置内臓としています。
(どれだけツマミを回しても、6Vしか出ないようになってます)
識別のために、パワーパックはオレンジ色にしています。

ただ、時間の都合でESのままで製作したのであまりカッコ良くない・・・
ということでもう1台のESを使って汎用タイプを製作してみました。
IMG_20170705_214517_convert_20170714111826.jpg
↑面影はツマミしか残ってません(笑)
シンプルなESの機構はそのままに、操作性も考えてこのカタチで落ち着きました。
ショートした時の警告灯を追加しているので、パイロットランプはふたつになっています。

IMG_20170714_001609_convert_20170714111841.jpg
↑大きさはちょっと大きいくらいで収まっています。

速度制限は、背面にあるチェックピン(?)で行います。
IMG_20170714_001648_convert_20170714111908.jpg
↑AC100Vのコードの上に、制限電圧のセレクタを設けました。
画像にはありませんが、専用のピンを挿して任意の制限電圧(3・5・6・9V)に設定できます。

IMG_20170714_001637_convert_20170714111855.jpg
↑ESがベースなので、TCS(DC12V)の電源はありません。
制限なしの電圧も供給できるよう、出力端子は2組用意しています。


できたパワーパック、今後の為にもうひとつ欲しいのですが・・・生産中止品なのがツラいところ(笑)
ツマミにクリック感があるのはESだけなんですよね。
運転体験で使用するにはもってこいのパワーパックなんですけど・・・TOMIXさん、再生産してくれませんかね?


ではまた。
スポンサーサイト

Category: 電気工事etc

TB: --  /  CM: 0

top △

過去に製作した車両達(仮)その1 

長年ブログをやっていると、画像のリンク切れでほとんどの画像が見ることができなくなってました(汗)

ということで、完成したものから順に画像を添付し直そうと思い立ちました。
(完成してないものは、この際なので闇に葬りますw)

見てみると結構な枚数になりそうなので、数パートに分けていくことにします。
(過去の製作記事は、後に消去します)

2011年・・・
DSC_0035_convert_20170710113823.jpg
↑KATOのEF58を改造し、龍華機関区のEF58-66(一番手前)を製作しました。
ビニロックフィルタの取替やパンタの交換、P型改造等・・・
番号特定するにあたっての細かい違いを、できるだけ再現することを念頭において製作しました。

この作業が今も続いているってことになりますネ♪
記念すべき1台目の改造機です。

DSC_0036_convert_20170710113625.jpg
↑続いて後ろに繋がっているEF15。

DSC_0038_convert_20170710113804.jpg
↑天賞堂(プラ)製のEF15を改造。 車番は失念しました(汗)
シールドビーム改造と画像では未実施ですが、手摺の白色塗装も行っていました。
現在、やっつけで交換した白色LEDがどうしても気に入らず、改修作業待ち(3年ほど)となっています。

2012年・・・
DSC_0166.jpg
↑KATOのキハ58からの改造で、有田鉄道のキハ58-003を製作。
片側のエンジンは撤去していないので、どちらかというと富士急行かも。

DSC_0172.jpg
↑ジャンパ栓の移設や非冷房化等、改造箇所はイッパイ。
方向幕(金谷口)と識別不能な和歌山リゾート博のヘッドマーク(?)がお気に入りの車両でした。
クリアをかけたあとに触ってしまい、やり直す最中で気持ちが続かず続行を断念。現在もサフ待ちです。

DSC_0148_convert_20170710114539.jpg
↑エンドウのワフ29500。キット組みです。
車番を追いかけようとしましたが、さすがは貨車・・・全くわかりませんでした。

DSC_0232_convert_20170710115259.jpg
↑KATO165系で日根野電車区の編成を2本製作しました。

DSC_0278_convert_20170710115357.jpg
↑左側のF305編成は現在手元になく、動力のない右側のF303編成が残っています。
最近になって動力の付いた編成を手に入れたので、時間があればもう一度リベンジしたいですね・・・

プラレールも製作してました
P1170001_convert_20170710115454.jpg
↑プラレール好きな甥っ子のために、485から381を製作。
塗装もやり直した屋根だけという手抜き(笑)

P8140306_convert_20170710130721.jpg
↑続いてくろしお色と113系阪和色も製作。

P8140305_convert_20170710130753.jpg
↑極力ディフォルメしながら、外れにくいパーツをチョイスするのが大変でした。

P5130208_convert_20170710130411.jpg
↑KATOのEF58で今度は139号機(右側)
66号機は大窓原型なのに対して、こちらは小窓原型です。

PA110527_convert_20170710131109.jpg
↑KATOキハ82系と東京堂のキットを使ってキハ81を製作。
勢い余って堂々の10両編成となりました。
初期車と量産車の違いや常磐無線アンテナ撤去跡の再現に苦労しました。

ペーパーキット初挑戦
PA220565_convert_20170710133134.jpg
↑紀州鉄道のキハ603です。

PA220564_convert_20170710133150.jpg
↑Nゲージ用のテールライトを流用し、小さなベーツライトを再現したのがミソです。


ここで2012年の完成が終わっていますので、一旦区切ることにします。

※2012年の完成がやたらと多いですが、作業時間が長いのが殆どです。
最長はキハ81の2年半、最短はプラレールの381国鉄色の2週間(笑)

次回は2013年からアップしていきます。

それでは、宜しくお願い致します。


Category: 過去製作分紹介

TB: --  /  CM: 0

top △

お知らせ 

皆さんお久しぶりでございます。

半年以上放置してしまいました(´・ω・`)

言い訳は、また後ほど画像と共にお見せできれば・・・と思います。


色々な諸事情があり、本日(2017/07/10)よりブログタイトルを変更し、HNも以前の枝川にしました。

過去記事もリニューアルをかける予定でおります。


いつリニューアル完成となるか・・・?

乞うご期待!!

Category: ごあいさつ

TB: --  /  CM: 0

top △

2017-07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。