Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川車両製作記

誰かお仕事と、特にお金下さい(爆)

2015年05月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

JR四国のキハ40を作る その2(完成しました) 

皆さんこんばんは~ヽ(´▽`)/

ここんとこ暑いですね。 今日も暑かったなぁorz
暑すぎるのも寒すぎるのもキライな丹波黒でございます。

先日途中で止まったキハ40の続きです。

DSC_0856_convert_20150525211804.jpg
↑無事塗装が終わりました♪
まだこの時点では、側面スピーカーや製造銘板、幌などは未着手です。

続いて窓ガラス。
DSC_0638_convert_20150525211740.jpg
↑以前、播但線色を製作した時に隣にいた車両『いさぶろう・しんぺい』。

この車両を製作した方に、撤去した窓ガラスを頂いていました(笑)
1両で4枚発生して、この加工には1枚だけでOK♪
九州を1両作ると四国が4両できるんですね~(やりたくないけどw)

DSC_0858_convert_20150525211832.jpg
↑右が加工前、左が加工後。 これをトイレ部分の窓と取り替えるんです。

色差しを済ませたあとに装着!
DSC_0857_convert_20150525211818.jpg
↑違和感はない・・・はず?

DSC_0861_convert_20150525211845.jpg
↑インレタを貼り付けて床下も仮組み。
今回所属が四トクとなり、手持ちに無かったのですが・・・

付属のインレタより『四マツ』の『四』と
くろま屋さんのインレタより『福トカ』の『ト』と、『広クニ』の『ク』を部分移植www

別で塗装した側面スピーカーや幌などもこの時点で取り付けておきました。
室内はカツミのロングシートとKATOのボックスシートを配置しています。


今回、純正の床板と室内灯を使用してみました。
ライト点灯の配線作業が、この上なく楽になりましたが・・・遮光が完全でないのがツラいところですかな?

床板はT車用なので・・・
DSC_0864_convert_20150525211927.jpg
↑片側(画像では右側)の部分を少々拡大して、トラクションモーターを装備してみました。

DSC_0865_convert_20150525211940.jpg
↑もちろん付属の台車はピボットなので、そのままではトラクションモーターは入りません。
トラクションモーター側の車軸を削り、台車のレリーフは接着で固定する『鉄コレ動力』と同じ方法にしました。


DSC_0866_convert_20150525211952.jpg
↑乗務員ステップは片方だけ位置がずれるので、再度穴を開け直して取り付けました。


そして完成!!!
DSC_0862_convert_20150525211857.jpg
DSC_0863_convert_20150525211914.jpg
↑なかなか綺麗に出来て、結構満足しています♪

次はこの四国色のキハ40で、T車のお題も頂いているので・・・
次はキハ40-2142あたりを作ると思います。

みぬ鉄さん辺りならすぐに分かるんではないかと・・・


それでは!!ノシ
スポンサーサイト

Category: HO 気動車

TB: --  /  CM: 2

top △

JR四国のキハ40を作る その1 

皆さんこんにちは~

気動車バンザイな丹波黒でございますヽ(´▽`)/
今回も飽きたと言いながらキハ40を製作w


作るのはJR四国のキハ40。
依頼が来たので製作することになりましたが・・・
作ってと言われなければ、避けて通るつもりでした(笑)

ご存知の方はお分かりかと思いますが、四国のキハ40は改造ポイントが鬼畜な部分が多いというのが欠点です。
クーラー付けるわ、水タンクは撤去するわ、トイレを撤去するわ、窓を新たに設置するわ・・・(涙)

知らないフリが出来ないくらいに特徴が満載orz


今回は2両を作る予定なのですが、1両ずつ製作していきます。
1両目はキハ40-2146。

改造ポイントは・・・
*側面ルーバーを1箇所だけ撤去
*水タンク撤去(撤去部分は凹んだまま)
*ベンチレータ交換(KATO12系のものに置き換え)
*クーラー設置(TOMIXの分売を使用)
*トイレ部分の窓を増設

こんなものでしょうか?

でわでわ、加工に入っていきましょう♪
DSC_0844_convert_20150521131204.jpg
↑JR西日本更新車の時と工法は変わりありません。
変更点はトイレ窓を一旦埋めて、窓を追加で開けておく程度です。
窓の大きさは、トイレの反対側にある窓の大きさ。 三種類の大きさがあるんですが、その中でひとつしかない中くらいのサイズです。
元々あった窓枠をすべて削るのは、この追加した窓枠との違和感を消すためです。

今回、屋根板のモールド撤去を知人に丸投げしました(笑)
水タンクの撤去(ヤスリがけ)がヘタクソなんで、とても助かりました♪

DSC_0850_convert_20150521131248.jpg
↑先に屋根の方も仮組み。
クーラーはTOMIXのJR東海クーラーを設置。
画像ではTOMIXの485系に使用されているベンチレータを付けていますが、足が無かったので後にKATOの12系のベンチレータに置き換えています。


DSC_0852_convert_20150521131302.jpg
↑今回もいこま商会さんのお力を借りて製作(いつも感謝感謝ですm(_ _)m)
西日本更新車の場合は少し太めで製作したんですが、今回は元々あったものと同じ細さにしました。

窓枠を貼り付けて、撤去してしまったサボ類や手摺等も追加。
DSC_0853_convert_20150521131324.jpg
DSC_0855_convert_20150521131339.jpg
↑サフを吹いちゃうと、加工したのがわからないくらいになりました(汗)

ただ今、塗装の為の面倒なマスキングに悶絶しているところです(笑)
今週中には完成できるかなぁ~???

今回は短いですけどここまで。


それでは!!ノシ

Category: HO 気動車

TB: --  /  CM: 2

top △

キロ28の格下げ、キハ28-5223を作る (完成しました) 

皆さんこんにちは

せっかくのGWもどこにも行かず、せっせと模型製作に勤しんでいた丹波黒でございますヽ(´▽`)/

DSC_0559_convert_20150505170106.jpg
↑先日製作した、急行たかやまのグリーン車。

すぐに転属になってしまい、手元に無かったので・・・
DSC_0634_convert_20150505170140.jpg
↑リベンジで国鉄急行色を作成!

DSC_0635_convert_20150505170157.jpg
↑帯なしのキロ28も用意して、これで次こそは急行きのくにやっちゃう???とか言ってたんですが・・・

売れちゃいましたwww

まぁ、売れて良かったんですが・・・
いこま商会さんに完成の報告をする前に旅立って行きました(笑)

こうなると、またユニットサッシが欲しくなるというスパイラルに(爆)
製作時の画像も少なかったので、今回は九州一般色のキハ25-5200番台(キロ28格下げ車)を作ります。


DSC_0732_convert_20150505170210.jpg
↑相棒をなくした帯なしキロ28(画像手前)を加工。
客用窓上部の雨樋を切除して、給油口も移設のため埋めてしまいます。

屋根もベンチレータ撤去と蛍光灯用の設置を行います。

DSC_0734_convert_20150505170230.jpg
↑全く関係ないような画像ですが・・・ とっても重要なパーツ!!
モデル524さんの阪急旧型車用ブラインドです。

Nゲージのパーツですが、これをカットして使います。

DSC_0735_convert_20150505170246.jpg
↑吸気口のダクトです。 キロ28は窓が一段下降窓だったので、ダクトがこんなところに付いていたようです。
1両でひとつしか付いてないので、大量に余りますね(汗)

給油口の場所も移設を完了しています。

DSC_0737_convert_20150505170315.jpg
↑キハ58のAssyボディが余っているので、こちらも九州色にしちゃいましょう♪
車番はキハ58-154にします。 帯の高さを確認するのが主な目的です。

内ハメテールとスリットタイフォンはエコー、正面の手摺はここんとこ定番の銀河の屋根上手摺です。
運転席窓下の手摺は少し下がってるようです。

DSC_0736_convert_20150505170300.jpg
↑屋根が先に完成しました。 屋根はGMのNo35、クーラーなどはガイアの灰色9号を使用しました。

DSC_0738_convert_20150505170328.jpg
↑ボディもサフを吹いて塗装開始!(この時イコマ商会特注の窓枠は、先に取り付けています)

DSC_0739_convert_20150505170343.jpg
↑GMの青20号を吹きました。 以前、キハ40の津山ワンマン色ではファルべの青20号を使ったんですが、思ったより濃かったのでこちらを採用しました。
このままいけば、初代SSLになりますねw

DSC_0741_convert_20150505170358.jpg
↑マスキングをして・・・ ファルべのクリーム10号を塗装。

DSC_0742_convert_20150505170410.jpg
↑キハ58だけ塗装した段階でクリーム10号が枯渇orz
買い足した同じもので塗装するも、色調が違ってキロだけドボンする有様にwww

窓枠はペーパー製なので、ドボンする=廃棄となります(泣)

DSC_0823_convert_20150505170424.jpg
↑キハ58だけ先にJRインレタ貼ってます(笑)
ドボンしたキロ28は再度青20号を吹いてマスキング。 そしてクリーム10号を吹きます。

DSC_0824_convert_20150505170439.jpg
↑窓ガラスの加工。 銀箱の上で撮影しちゃって・・・見えづらくてスイマセン(汗)

プラストラクトの0.3×0.5の片面を、クレオスのシルバーで塗装して、細切りにしたものをチマチマと貼っていきます。
これが結構手間な作業で、地味に一番時間がかかります(;▽;)
長めに切ったものを接着後、干渉しないようにニッパでカットします。

そして・・・
DSC_0825_convert_20150505170457.jpg
↑組み付けて完成です! 
窓枠は別で塗装して、あとで取り付けてからクリアで押さえてます。

DSC_0826_convert_20150505170510.jpg
↑ノーマルのキロ28と並べてみました。 やっぱりユニットサッシは目立ちますよねwww

・・・って、ここで気づきませんか?
キロ28のユニットサッシが売れたから、帯なしのキロ28から改造。
手持ちのキロ28はもう無いはずなのに・・・

そうなんです。
まだまだキハ58系列は続いてしまいます(汗)
次回はキロ28の大改造をするんですが、そのタネ車を購入してきました。

いい改造法が思いつかないので頓挫していますorz

次回のブログは遅くなるかもしれませんねぇ~
とにかく頑張ります!!

それでは!!!ノシ

Category: HO 気動車

TB: --  /  CM: 0

top △

キハ40 岡山色を作るつもりがまた・・・ (完成しました) 

皆さんこんにちは~

大型連休もあともう少しですね~
この連休中、私は家から出ることなくアレコレと製作を続けています(´・ω・`)

この前から
『気動車は飽きてきたw』
などとほざいていましたが・・・

DSC_0620_convert_20150503164136.jpg
↑トラムウェイのキハ30を塗り替えて・・・

DSC_0621_convert_20150503164151.jpg
↑安定の広島色に(笑)

この他にも、キハ58+65の四国色ももう一度製作♪
(画像はありませんが、方向幕は阿波池田になりましたwww)
↑今回はみぬまさんにご指摘いただいた部分も訂正しておきました!

そして今回も気動車ということで・・・(汗)


DSC_0614_convert_20150503164031.jpg
↑前回同様に全てのモールドは撤去!
今回は試しにテールライトも撤去して、エンドウの導光材タイプを使用してみました。

DSC_0615_convert_20150503164053.jpg
↑今回も更新車なので窓枠やルーバー、いびつなサボ受けなどは削り落としてしまいます。

DSC_0616_convert_20150503164110.jpg
↑箱組みして、スキマをパテ埋め。
屋根もベンチレータの台座を撤去するために、水タンクも撤去してしまいます。
(水タンクの下半分を残して、ベンチレータの台座だけを削るなんて技量は持ち合わせておりませんw)

水タンクはエンドウのホワイトメタルに変更します。

DSC_0695_convert_20150503164210.jpg
DSC_0696_convert_20150503164234.jpg
↑前回同様に貫通幌座や乗務員ドアのハンドル、サボ受け等のパーツを取り付けていきます。
折畳ステップや号車サボ受けは、西日本の車両に個体差があるようで・・・

DSC_0698_convert_20150503164248.jpg
↑先日格安で譲っていただいたパソコンの上で撮影w
画面に出ているこの岡山色を作るつもりです。


・・・が、

このあと大変なことになりまして・・・(泣)
大量の後付け金属パーツの下地としてプライマーを吹くんです。
自分はフィニッシャーズのマルチプライマーを愛用しているのですが、吹く量が多すぎて顔面が少々溶けてしまいましたorz

必死に手直しして・・・
DSC_0705_convert_20150503164301.jpg
↑白を吹いて屋根を塗装して・・・茶色を吹こうとしたんですが・・・・・・・・・・
どうしても顔面が気に入らない。

気に入らないから白を多めに吹いたんですが、今度は厚塗りになってしまい今度は側面に違和感が(号泣)


んで結局やる気も失って・・・
DSC_0802_convert_20150503164320.jpg
↑まさかの朱色wwwww
折畳ステップや各種サボ受けの取り付け位置が同じもので、朱色のものを捜索しました。
但し、そのまま朱色5号を吹くのは嫌なので、赤11号の余りを白などを混ぜて退色した朱色を塗ってみました。
(現在手元に朱色5号の車両がいないので、色褪せているのかどうかはビミョーwww)

車番はキハ40-2134に決定。
窓枠はいつもお世話になっている『いこま商会』さんの特注品。
インレタも貼ってクリアを吹いておきました。

DSC_0808_convert_20150503172504.jpg
↑豊岡色のキハ40では、スノウプラウをそのまま取り付けるとポイントなどで接触してしまって、走行することができません(汗)
車高はこれ以上上げるとブサイクですし・・・ということで、スノウプラウ本体の上下を薄作りしました。
スカート部分の細かいものも金属製に取り替えています(ステップも含む)
動力はエンドウのトラクションモーターを使用、床下の追加パーツは乗務員ステップのみです。

DSC_0814_convert_20150503172533.jpg
DSC_0815_convert_20150503172546.jpg
↑ネコパブのキハ40の面白いところは、連結器周りの床板が別パーツになっている所!
両端部分は固定したままで床板が外れます。

これを利用して、室内灯のコネクターはココへ設置しましょう♪
ヘッダーピンをコネクタ代わりに使う方法です。

今回、純正の室内灯を試してみました。
DSC_0816_convert_20150503172600.jpg
↑手持ちのヘッダーピンはピッチが違うので、一度配線を介して取り付けています。

DSC_0819_convert_20150503172725.jpg
↑床下にライトのON-OFFスイッチを付けるので、配線が大量になります。
床上に這わせてもいいのですが今回は床下に並べ、Nの手摺を配線押さえとしてみました。

DSC_0810_convert_20150503172519.jpg
↑お遊びで『試運転』幕を付けてますwww
付属のインレタでは岡山区の検査表記は高砂工と書いています(懐)
米子区の表記から後藤工にしましたが、検査年がS61になっているのは内緒(爆)

DSC_0820_convert_20150503172638.jpg
↑室内の椅子を塗装しています。

DSC_0822_convert_20150503172655.jpg
↑今回はキハ65や12系座席車の座席を転用しています。

DSC_0818_convert_20150503172617.jpg
↑ライト基盤の遮光を行うと方向幕が変えれなくなるので、行き先を変更。
津山や法界院などのマニアックな行き先も考えましたが・・・オーソドックスな岡山に決定!

2両だったら快速にしても良かったかも・・・


今回は里子に出す予定は今のところありません。
先ほど完成したので、連休明けにでもボークスさんにでも飾ってもらいましょうか・・・


次回も気動車ネタはまだまだ続きそうです・・・


それでは!!ノシ

Category: HO 気動車

TB: --  /  CM: 2

top △

2015-05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。