Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

2013年10月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

キハ40-2000 西日本更新車を作る その3 

皆さんおはようございます。

早朝から阪神の鉄コレを買いに(おつかい)行った丹波黒でございます<(_ _)>
前回の阪神7860+7960の時もそうでしたが、阪神甲子園駅は閑散としていました・・・(汗)
阪神って人気ないのかなぁ・・・?


今回も引き続きキハ40-2001、広島地域色を作っていきます♪

DSC_0537_convert_20131019072948.jpg
↑全てのパーツを取り付けたキハ40-2001(左)

正面窓の窓枠を取り付けた時にフト思い出しました・・・。
あ、モデル倶楽部の窓があったなぁ?

DSC_0538_convert_20131019073024.jpg
↑かなりなお値段のこのパーツ、説明書が全く理解できなかったんです(笑)
画面中央上のコの字のパーツが理解不能orz

ネットで探しましたが、さすがはお高いパーツ(笑)どこにも使用例は無かったんですが・・・
この日は頭が冴えていたのか、やっと理解できました♪

まずは組み立て方。
DSC_0540_convert_20131019073041.jpg
↑ひとつの窓に必要なのはこの3種類のパーツ。 長い棒は縦の桟の部分なので、適当にカット。

DSC_0541_convert_20131019073100.jpg
↑まず適当に切った縦の桟を接着。 接着にはアクリサンデー接着剤を使用するように指示されています。

DSC_0543_convert_20131019073117.jpg
↑次に窓の後方(側面)側の角を丸く処理。 分かり辛いですが、左側が加工後。

んで、あのコの字パーツの登場です!! アレはどうするかと言うと・・・
DSC_0545_convert_20131019073149.jpg
↑こうやって接着するんです(コレが説明書では理解できなかった)。

DSC_0544_convert_20131019073132.jpg
↑角度を変えてもう一枚。 要はこのパーツ、カーブした部分のHゴムパーツだったんです。

DSC_00001_convert_20131019080214.jpg
↑余分な部分をニッパで少しずつカットしていき・・・

DSC_00002_convert_20131019080231.jpg
↑ヤスリ等で仕上げて完成♪ ガラス面は1500番のペーパーで荒削りしてからコンパウンドで磨きだしをしました。


ちなみに、モデル倶楽部さんの説明書には、
DSC_0543_convert_20131019073117.jpg
↑コレと
DSC_0545_convert_20131019073149.jpg
↑コレのイラスト(しかも平面図)しか載っておらず、あとは文章のみ(泣)
学生時代に国語の点数が悪かった私には、非常に苦痛でした(涙)

Hゴムが付いたお陰で、キットに付属のパーツは使用しない事になりました。
113系なんかの鉄仮面なんかに利用できそうですな~(笑)
↑そのままでは取り付け出来ないので、正面窓を拡大しています。



全てのパーツが付いたので塗装をする事に♪

DSC_0549_convert_20131019073202.jpg
↑いつもの洗浄作業。 サンポールで洗って、ジフで磨き洗い。

乾燥後、塗装に入ります。
DSC_0550_convert_20131019073223.jpg
↑フィニッシャーズのマルチプライマーを吹いてから、クレオスのサフ(1200番だったかな?)を吹きました。
歪みの確認と、裾の部分のグレーをサフで誤魔化そうという短絡的発想(爆)

裾をマスキングして、今度は濃いグレー。
DSC_0551_convert_20131019073300.jpg
↑あんまり違いが分かんないですね・・・

濃いグレーは中心部分の帯なので、マスキングをして・・・
DSC_0552_convert_20131019073315.jpg
↑色のトーンの違いだけに見えますが・・・(汗)
なんちゃらホワイト(隠蔽力が強いとか書いてるヤツ)を吹きました。


で、更に更に下半分をマスキングして上半分を黄色?号(5号?忘れたw)で塗装。
屋根も塗装(撮影忘れ)して・・・
DSC_0553_convert_20131019073330.jpg
↑現在、ここまで出来ました♪ 水タンク、クーラーもそれぞれ塗装しています。
細かいタッチアップがまだですが、ここで作業は一旦ストップ。
もう1両のキハ40-2034をここまで作っていきます。


モチベーションは高いまま維持できるか・・・!??




追伸:
先日、こんな車両が入線しました。
DSC_0555_convert_20131019073349.jpg
↑でんてつ工房の115系0番台(非冷房)です。

とある所で格安で購入する事が出来ました(いつもありがとうございます♪)
115系には全く縁が無いワタシ。 改造ネタに購入したんですが・・・

113系の初期車を作ろうと思ってたんですが、ある方から『酷鉄廣島のG-02編成作って♪』とか『新福知山色の415-800作ろうよ♪』と猛烈な誘惑(笑)
あれはあれでインパクトのあるスゴイ編成たち・・・

心が揺らいでいます(爆)
ですが、暫くはこのまま眺めてニヤニヤしときます♪

何にしよっかなぁ~???


では!!ノシ
スポンサーサイト

Category: HO 気動車

TB: --  /  CM: 2

top △

キハ40-2000 西日本更新車を作る その2 

皆さんこんにちは~
咳とくしゃみが止まらない丹波黒でございます<(_ _)>

先日、パソコンの調子が悪く『風邪をひいた』と書き込みましたが、この後本人が風邪をひいてしまいましたorz
現在、パソコンも人間も調子が悪いままの更新でございます(汗)


前回は2両同時進行でキサゲを行っていましたが、今回は1両に的を絞ってパーツの取り付けです♪

実車を見た事がありませんので、まずは比較的画像の多かったキハ40-2001(広島地域色)からスタート。
DSC_0527_convert_20131007102904.jpg
↑分かりづらいですが、この時点でほぼ取り付け完了の状態。
扉知らせ灯や各種サボ受け、折畳ステップも装備!

トイレ窓のHゴム部分はうっかり削ってしまったので、Hゴムのパーツ(フジモデルのトイレ窓)を使用。
トイレ下部の大きな蓋は、キットに付属の物が無くどうしようか悩みましたが、今回使用しないボディ側面のダクト(エッチング)を裏返して使う事にしました。


続いて正面。
DSC_0528_convert_20131007102938.jpg
↑正面窓下の手摺のみ0.2mm真鍮線を手曲げ。
小さな手摺はtavasa等の手摺を活用しています♪←均一な物が出来ないので・・・(汗)

製造銘板はどうやら上段が日本国有鉄道で下段が新潟鉄工所のようです。
キハ11-0の製作時に使った余りを使用。


更に小物。
DSC_0534_convert_20131007103051.jpg
↑分かりにくいんですが、水タンクにも手摺を付けました。
上は加工前、下は加工後。 tavasaの1.0mmピッチの手摺を付けましたが・・・
プライマー吹いたら潰れるんじゃないかとちょっと不安(笑)

DSC_0533_convert_20131007103034.jpg
↑モデル倶楽部のスカートの下部にも手摺を追加。(見えにくいですが、両方ついてます♪)

DSC_0531_convert_20131007102959.jpg
↑クーラーも加工! MaxモデルのAU26Jタイプクーラーを2個切り継ぎ!!
左右両端は加工前の状態で、ファンのある部分を使うという豪華仕様になりました(汗)
DSC_0532_convert_20131007103017.jpg
↑繋いだ結果がコチラ。
黒いのは今回試しに使っているウェーブの『黒い瞬間接着剤』。
高粘度タイプなので、隙間埋めにも♪・・・って書いてあったので、接着ついでにモリモリしときました。

床下機器は年内にエンドウから再販されるのを待つので、先にボディだけ塗装しましょっか~?
姫新線仕様のキハ40-2034もここまでやっとかなきゃ・・・

どちらから先に手を付けるのか・・・???


それでは!!ノシ

Category: HO 気動車

TB: --  /  CM: 2

top △

2013-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。