Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川車両製作記

誰かお仕事と、特にお金下さい(爆)

2013年05月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ホビーモデルのキットから事業用車を作る その1 

皆さんこんばんは。


鼻炎の原因のうち、8割は鼻毛の伸びすぎだった丹波黒でございます<(_ _)>

時々チョキチョキやってはいるんですが、先日恐ろしく長い鼻毛が切れました(汗)
こりゃクシャミが止まらんはずだわ・・・orz

今度は切り過ぎたのか、時々鼻水が止まらないようになってしまいましたが(泣)



先日、105系を作っている時にウッカリこんな事を申しておりました。
P5014326_convert_20130504012848.jpg
↑裏返したら、事業用車みたいですね(笑)

クモニに見えて仕方なかったのですが、この後段々事業用車が欲しくなってきました(汗)
色々と検討した結果・・・
P5204373_convert_20130521135012.jpg
↑コレを購入してきました。

正面の窓が自分の欲しいものと同じだった・・・選んだ理由はそれだけです(笑)
側面は今回も使いません(爆) しかも1両なので、床板や屋根も1両余っちゃいます。

側面は105系3扉と同じ要領で一から作り直します。
が、先に側面を作るとモチベーションが間違いなく下がる(笑)ので、今回は正面から作ります。


P5244377_convert_20130526040000.jpg
↑まずは正面と妻板を用意します。

P5244378_convert_20130526040012.jpg
↑マスキングテープでおおよそのカットラインを示しています(実際はケガキを行っています)

P5244379_convert_20130526040025.jpg
↑スパッ(笑)
カットした位置がそれぞれ違います。正面窓の位置を2mmほど上に上げるためです。

P5244380_convert_20130526040049.jpg
↑正面の貫通窓を一旦塞ぎます。
この車両、窓の寸法は同じようですが、貫通扉が結構狭いようです。
あとでもう一度開け直します。

P5244381_convert_20130526040103.jpg
↑くっつけると左のようになります。 高さがだいぶ低くなってしまったので・・・

P5244382_convert_20130526040117.jpg
↑妻板の下部分をスパッ(笑)

P5244383_convert_20130526040130.jpg
↑これで高さが揃いました♪
テールライト横のステップは、高さが違ったので撤去。
またKSモデルさんのステップを使いましょうかね?

P5254384_convert_20130526040158.jpg
↑テールランプも若干内側に寄ってるみたいなので、貫通扉と一緒にパテで埋めました。

正面窓がだいぶ上なのが分かりますね~


サフを吹いてみました。
P5264386_convert_20130527221734.jpg
↑ペッタンコですな~(笑)
方向幕が上に付くので、Hゴムパーツをあてている所です。

今回使用したパーツはコチラ
P5264385_convert_20130527221714.jpg
↑フジモデルのトイレ窓パーツ。
窓枠パーツはケガキをするのに利用して、Hゴムパーツを取り付ければいいんじゃないか?という魂胆です。
大きい方の窓パーツも後で利用します。


P5264387_convert_20130527221748.jpg
↑ライトパーツも取り付けます。
ヘッドライトは105系と同じようにチップLEDを使用するため、後方のパイプ部分をカットして使用します。

んで、取り付けた姿・・・
P5264388_convert_20130527221803.jpg
↑テールライトを開け直ししたら案の定、元の位置に穴が開いてパテを埋め直す騒ぎに(汗)


まだまだどの形式か分からないはずなんですけど・・・(笑)
この段階で分かる人っているんでしょうか???



では!ノシ
スポンサーサイト

Category: HO 事業用車

TB: --  /  CM: 5

top △

105系リベンジに挑戦する その5 

みなさんこんばんは~

今週はポッカリ予定の空いた丹波黒でございます<(_ _)>
鼻の通りもポッカリあいて欲しいのですが、そうはいかないようです(涙)


先週は忙しかったので、あまり進んでいませんでした。
・・・というのは建前で、別の作業と(また)同時進行しちゃいまして(汗)
別作業は後日アップ予定です。


微妙に足りない部品の収集をしていました。

先日、頼んでおいた物が到着しました。
P5264394_convert_20130527221857.jpg
↑スタジオOWADAさんの、WAU102クーラーです。

前回の105系W10編成の時も、このクーラーを利用していました。
今回2両使うので、もう1両分追加購入となりました。
※取り扱い店舗が模型センターきりんさんだけだったため、現在は通販のみの取り扱いです。

S(東芝)とM(三菱)の2種類があるのですが、今回は東芝を使用。


続いて車輪。
P5224374_convert_20130526035900.jpg
↑今回も動力はパワトラを使用するのですが、車輪の直径が違います。
101系の動力を再利用しているため、直径11.5mmが必要なんですがパワトラ標準装備の車輪は直径10.5mm。

探しに探して・・・
P5224375_convert_20130526035934.jpg
↑RGRさんで最後の2個を入手!(○コ店長、情報ありがとう!!)

早速大きさを比較。
P5224376_convert_20130526035948.jpg
↑これでナントカなりました♪
コレが無かったら、クハに動力を仕込む予定でした(汗)


部品はほぼ揃ったのでボディの加工を再開!
サボ受けやダクト、キハ11の時に使ったドアスイッチ等を貼り付け。

そう言えば方向幕を空けて無かったと今更気付きました(汗)
P5264385_convert_20130527221714.jpg
↑ボークスさんで、こんなパーツを見つけました。
コレって方向幕にも使えるんじゃない!??

早速作業開始♪
P5264390_convert_20130527221817.jpg
↑金属の窓パーツはテンプレートとして使用します。

ケガキしたら外して・・・
P5264392_convert_20130527221829.jpg
↑この大きさに広げれば方向幕の出来上がり!

P5264393_convert_20130527221845.jpg
↑いい感じに仕上がりました!!

30N更新車なのでHゴムパーツは利用しません。
今後、別の車両で使うので大切に保管しときます(笑)


・・・と現在はココまで。


次回は屋根廻りと床板の作成からでしょうか?
(こんな事を書いた時は何か重大なミスをして、修正している記事になる可能性が高いんですが・・・)



では!!ノシ

Category: HO 通勤電車

TB: --  /  CM: 2

top △

DE10の余ったボディで青更新色をつくる その5(完成) 

皆さんこんにちは~

今日も鼻炎な丹波黒でございます<(_ _)>
両方鼻が詰まって、寝るに寝れないこの辛さ・・・orz
どうやってお伝えすれば分かってもらえるんでしょうか?(汗)


先日、動力を購入して急に進みだしたDE10。
なんとか完成にこぎ着けました(笑)

まずは床下の動力部分の塗装から。
P5184355_convert_20130521134619.jpg
↑ボディAssyに付属だった台車レリーフは、ボディ塗装時に同時作業で塗っていたんです。
今回は動力台車部分も塗装します。

台車もバラして塗装するつもりだったんですが、なかなか動力ユニットから外れません(汗)
Assyでは動力と台車は別々なのに・・・

仕方ないので取り付けたまま塗装しました。

P5184353_convert_20130521134559.jpg
↑ライト基盤に直接パワーパックの電源を繋ぎ、ゆっくり回しながら車輪も塗装(笑)
台枠部分は全て塗装せず、見えそうな所だけを筆塗り。

燃料タンクはエアブラシで塗装しました。


次は連結器と問題のステップ。
P5204359_convert_20130521134718.jpg
↑連結器はグレーの物を探す気力が無かったので、筆塗りで誤魔化しいちゃいました(爆)

ステップですが、色んな素材を候補に挙げてはいたんですが・・・
結局、純正のステップを加工する事にしました。

P5204360_convert_20130521134736.jpg
↑本来、純正のステップは台枠正面の外側にステーで留めて、奥側はスノウプラウに刺さっています。


今回製作のDE10は、ウッカリ(ちゃっかり?)スノウプラウ無しを選んでいます。
台枠正面のステーは、若干内側に取り付けされているようです。

なので、まずステーの上側を少しカット。

P5204361_convert_20130521134751.jpg
↑続いてステップ後方は、スノウプラウに取り付けするために斜めになっていたのを、不用な部分でカットします。
(画像の時はまだ長過ぎたので、更にカットしています)


P5204362_convert_20130521134814.jpg
↑反対側のステーも作成します。
同じように上側をカットして、踏み板部分は完全に切除します。

で、接着すればステップの完成です♪

ただ・・・
P5204363_convert_20130521134828.jpg
↑1台の中に同梱されているステップは1台分の4個。
このステップを作ると、2個しか作れないのが難点(苦笑)

Assyパーツでランナーパーツを入手、4個作りました。

P5204364_convert_20130521134848.jpg
↑取り付けてみました。
実際と形状は違いますが、言われなきゃ気付かないでしょう(笑)
この後、グレーで塗装しています。

P5204370_convert_20130521134931.jpg
↑ホース類を取り付けて完成!

今回ホースは、KATOとTOMIXを混ぜて使用しました。
(TOMIXの方が若干細くて見た目がいい)

P5204372_convert_20130521134945.jpg
↑今回、シーサイドカラーの方でステップ欠品していたので、ついでに補修(取り付けるだけですケド)

テールランプの点灯する機関車が2台になりました♪



・・・・・さぁ、またボディが余りました。
今度は何にしましょか?
紫?真っ黒?まさかの特急色???

まずは仕掛かりをなんとかしないと・・・orz


それでは!!ノシ


Category: HO 機関車

TB: --  /  CM: 2

top △

DE10の余ったボディで青更新色をつくる その4 

皆さんこんばんは~

変な時間に目が覚めてしまった丹波黒でございます<(_ _)>
たった2時間しか寝てないのに目が冴えてしまいましたorz
明日も仕事なのに・・・(汗)



ずっと日本橋のボークスさんに展示してあったDE10青更新色。
一旦回収してきました。

理由はモチロン・・・
P5164345_convert_20130518031129.jpg
↑やっと購入しました(笑) これで動く事ができる♪

P5164346_convert_20130518031147.jpg
↑動力のみをAssyで購入する予定でしたが、お値段が新品にかなり近いお値段だったので・・・
ボディが余るという負のスパイラルに陥りそうで、とっても恐怖を感じる今日この頃です(涙)


さて、ホイホイと載せ替えて終了!・・・とは行かないこの機関車(汗)
まずはライトユニットを変更します。

前回、展示用にヘッドライトと入替え灯を電池で点灯できるようにしてあったため、3Vで点灯できる回路を組んでありました。
小さな基盤に組んだのですが、それに抵抗を付けりゃなんとかなるやろ~?と組んでみたら・・・
案の定、ボディと干渉してしまう羽目にorz

結果、元のライト基盤を生かしてこのようにしました。
P5164347_convert_20130518031203.jpg
↑きのくにシーサイドの機関車を製作した時、LEDだけを付け替えたら電圧の関係?なのか点灯しなかったので、今回も元のLEDは切り落として、12Vが直接取れる場所から全ての電源を取る事にしました。

入替え灯は前後とも点灯したまま走行してもらいたいので、ブリッジダイオードを付けてます。
前回は、髪の毛みたいな配線を基盤へ一直線に繋いだ神技みたいな工法でしたが、今回はプッツリ切れて大慌てしてしまったので、取回しを変更しています。

絶縁のためのマスキングテープが見苦しいですね(汗)

P5164348_convert_20130518031219.jpg
↑これでパッと見は完成です♪
ライトをチェックしたんですが、ぼんやり光ってた片方の入替え灯、全力で走っても殆ど見えません(残念)
なんとかリカバリー出来るかな?

台車のレリーフはグレーで塗装しておいたので問題ないのですが、動力台車と燃料タンクも塗装した方がいいのかなぁ???
バラしたら元に戻せないような・・・(汗)


続いてカプラー。
種車の形態と作る車両の違いを、毎回ちょっとだけ(かなり?)間違う丹波黒。
今回の大きな問題は・・・
P5164350_convert_20130518031233.jpg
↑でっかいスノウプラウでした。
KATOのDE10は、このスノウプラウがカプラーホルダの役目を兼ねています。

これは意外と簡単でした♪
P5174351_convert_20130518031246.jpg
↑ギリギリでカットするだけです♪ 連結器台座のモールドが1箇所だけパキッと折れちゃいましたが、瞬間接着剤でリカバリー(汗)

連結器台座をグレーに塗装しなきゃいけないようです。
グレーのカプラーって持ってた気がするので、取りかえてあげた方がいいですね~

そして現在の姿。
P5174352_convert_20130518031258.jpg
↑完成まであと少し?

スノウプラウを撤去した為に、新規でステップを作り直さなきゃならなくなってしまいました(号泣)
同じものを4つも作れる自信が全くありません。
実は塗装を始めたあたりで気付いてはいたんですが、やり直す気が起こらなくなって・・・(言い訳)


特定番号機を作る時は、念入りな下調べをしましょうといういい見本ですよね(苦笑)


次回はこの苦行からスタートでしょうか?


それでは!!ノシ

Category: HO 機関車

TB: --  /  CM: 0

top △

105系リベンジに挑戦する その4 

皆さんこんにちは~

最近(ここ1~2年)、お腹が出て来てちょっとメタボな丹波黒でございます<(_ _)>
まぁ、色々改善しなきゃいけないとは思っているんですが・・・

遂に家族に『アンタ、妊娠してるんか?(爆)』と言われる始末(涙)

妊娠2年目ですが何か?
産まれるもんなら産んでお腹を引っ込めたいですね~(汗)



今回も105系です。
前回からちょっと更新の間隔が開いてしまいました。

いつもののんびりペースだったのですが、あまり変化が無いので写真を撮影しても変わらない状況が続いておりました(笑)


P5054329_convert_20130514083125.jpg
↑側板の窓開けが終了しました。

ついでに妻板も片方(ユニットサッシの方)を塞ぎます。
P5054328_convert_20130514083056.jpg
↑裏からプラ板を貼り、表面にパテで盛って成形します。
クハ側の妻面にはちょっとした段差があるので、識別のためにペンで落書きしています。
(田は紀伊田辺、新は新宮という具合です)

ここでハッと気付きました。
クハにはトイレが付いている・・・

はい、忘れてました(涙)
開けなくてもいいのに、わざわざ開けてしまいましたね~
P5124335_convert_20130514083225.jpg
↑また塞ぎ直すという面倒な仕事が待ってました(号泣)
この後、側板にも落書きをしたのは言うまでもありません。


P5114333_convert_20130514083138.jpg
↑箱に組んでみました。この後、張り上げ屋根を表現するためにエバグリを接着。
パテを打って削っていますが、まさかの撮り忘れorz

ここで、新しいパーツを試してみる事に。

P5114334_convert_20130514083212.jpg
↑Nの手摺パーツです。

これを16番にも流用しようという魂胆です。
早い話が『手抜き』なんですけど(爆)

色々買って分かったんですが、銀河の手摺は0.5刻みであるんですが、TAVASAは1.0刻みなんですね~

ただ、このキットの前面は最初から穴が開けられている親切設計。
テールライト上と方向幕横の手摺は2.0mmであったため、銀河だけでは出来ない(ちょうど2mmが無い)事が発覚。
追加でTAVASAを購入してきました。


続いて配管の作業に。
屋根上の資料が、ネット上では全くと言っていいほど乏しかった状態だったんですが・・・

そのまま取説どおり作るとリベンジにならないような気がしたので、
P5124336_convert_20130514083237.jpg
↑Nの配管治具ステッカーを使う事にしました(笑)

Nゲージってこんな商品あるんですね~(驚)
これを普通紙に拡大コピーして使います。
(何%拡大するのかで、大人3人で結構揉めました(爆))

P5134339_convert_20130514083303.jpg
↑おっきいので、シールでなくてもマスキングテープで押さえればピッタリ押さえられます♪
パンタ鍵外しは、後々面倒になりそうなので今回は省略(爆)

ここでまた問題発生。
P5134340_convert_20130514083320.jpg
↑このキットに付属の配管押さえなんですが、土台の支えの表現はいいのですが押さえが太すぎるんですよね~(汗)

P5134341_convert_20130514083336.jpg
↑間違って購入してダブついた銀河の手摺の有効活用先として、妻面のステップに利用しようと思っているので、出来ればここも改善しなくちゃ・・・と思いまして。

このパーツの輪っかを切除して、大量に余りを発生させた1.0と1.2mmの手摺で配管を押さえてみました。

その結果がコチラ
P5144343_convert_20130514083403.jpg
↑アレ?ブレてますね~(スンマセン)
結構細くて、塗装で潰れてしまわないか心配なんですが・・・

P5144342_convert_20130514083351.jpg
↑これもブレてますね(汗)
乗務員扉上にある取っ手も付けました。

これで屋根はひとまず終了です。
次回からは、側面の細かいパーツを取り付けていこうと思います。
まだクーラーを発注していないのと、駆動装置に問題を抱えたままなんですが・・・


いつ完成するんでしょうか???
ではノシ

Category: HO 通勤電車

TB: --  /  CM: 0

top △

2013-05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。