Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

2013年02月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

いきいきサロンきのくにを作る その12 

皆さんこんにちは~


先日日本橋のボークスにDE10のボディを納品してきました♪
P2160990_convert_20130217145644.jpg
↑貨物更新はライト点灯したままの展示(のはず)です。

ビミョーに完成しきっていないDE10、是非ご覧くださいませ(爆)



・・・では、いきいきサロンきのくにの続きです。

P2160995_convert_20130217145801.jpg
↑ついに窓の穴開けの工程に来てしまいました(汗)

マスキングテープを移植して・・・
P2160997_convert_20130217145818.jpg
↑超音波カッターで切ってみました。

切り口が溶けるので・・・
P2160998_convert_20130217145840.jpg
↑ギリギリまで切れません(涙)
切っても熱で再度くっつくので、切り離しをやってるうちに他が外れたり・・・orz

P2161000_convert_20130217145921.jpg
P2161001_convert_20130217145940.jpg
↑やっと切れました。

縦方向は元の窓の高さを利用するので、そのまま切り取ってしまいます。
横方向は外れる可能性があるので、慎重に削っていきます。


ここで時間切れorz

次回はテープが剥がれた5号車に着手するか、4号車にのめり込むか・・・




追伸:
日本橋を徘徊中、ホ○ホ○ンデッタでいいもの見つけました♪
P2160993_convert_20130217145725.jpg
P2160994_convert_20130217145743.jpg
↑113系2000番台Mユニットです。

最近末期色になって益々103系にしか見えなくなったと噂のアレを作ろうと思いまして・・・

また仕掛かり増えちゃった(爆)


では!!ノシ
スポンサーサイト

Category: HO お座敷列車

TB: --  /  CM: 0

top △

DE10の余ったボディで青更新色をつくる その3 

皆さんこんばんは~

ギックリ腰がようやく完治した丹波黒でございます。


いきいきサロンきのくには地味なパテ研ぎ作業が続いております。

今回はまたまたDE10です。


JR貨物のDE10は、主に入替えが中心のようです。
・・・ということで、やっぱり入替え灯を点灯させたくなってきました(笑)

P2140980_convert_20130214223727.jpg
↑まずは片方だけレンズを外します。
こちらはなんとか外れましたが・・・

P2140979_convert_20130214223658.jpg
↑1エンド側は大変なことにorz
接着剤で留めてあったのでしょうか?まったく外れなかったので、最後はピンバイスで揉んでしまいました(涙)

P2140981_convert_20130214223745.jpg
↑前回同様テールレンズの長さを詰めましたが、レンズがボロボロになって見苦しいので・・・

P2140982_convert_20130214223806.jpg
↑またまたお世話になります(笑)
今回は1.8mmをチョイス。
はめ込んだ後にクリアレッドで筆さししました。

P2140983_convert_20130214223850.jpg
↑MSRさんの配線付き赤色LED(1005)を使います。
床下が無いので、ジオコレの電飾セットを電源に使うことにしました。

前回同様にレンズの奥と台枠の隅に小さな穴を開けて配線を通します。
P2140987_convert_20130214223830.jpg
↑このまま点灯させるとステップが赤く光っちゃうので、タミヤの液状のサフを遮光材代わりに塗布。
乾燥後、ニュートラルグレーで塗装しました。



電源に接続して点灯!
P2140989_convert_20130214223946.jpg
↑3Vなので抵抗を入れなかったんですが、明るすぎでしょうか?

P2140988_convert_20130214223916.jpg
↑こちらはサフが流れ込んだようで暗くなってしまいましたが丁度イイ感じになりました。

ヘッドライトも点灯するようにしたんですが、電位差があるらしくヘッドライトが点灯しません(涙)
まぁ、床下が来たらちゃんと接続するので、その時に手直ししましょうか~


これもしばらくは飾ってもらおっかな~?




追伸:
ただ今黙々と研磨が続くいきいきサロンきのくに。
3両が同じパテ研ぎ作業になってしまったので、結局同時進行になってしまいました。

途中で嫌気がさしてきたので、ちょっと別作業。
P2100967_convert_20130211214755.jpg
↑オハネ25-100です。
カットしてしまう所をマスキングテープで確認してみました(笑)

わー、こりゃヒドイなぁ(汗)
テープを貼っただけでお腹がいっぱいになっちゃいました。

まだまだ改造は先の話ですな・・・



では!!ノシ

Category: HO 機関車

TB: --  /  CM: 0

top △

いきいきサロンきのくにを作る その11 

皆さんこんばんは~


久しぶりにギックリ腰になってしまった丹波黒でございます。

慢性的になっているらしく何度もなっていて、今までは長くても1日で治っていたんです・・・。
今回は今日で3日経ちました・・・まだ痛い
やっぱり歳なんでしょうかねぇ・・・orz


今回もいきいきサロンきのくにです。
P2100972_convert_20130211214418.jpg
↑4号車だけでは乾燥中などの時に暇になっちゃいますので、同時作業にと3号車と6号車を製作することに。

3号車は2号車とまったく同じ。
6号車は1号車に似ていますが、窓の埋める場所が若干違います。

P2110975_convert_20130211214537.jpg
P2110974_convert_20130211214457.jpg
↑パテを埋めたあとサフを吹いてみましたが、まだまだ修正は必要なようです(汗)

サンダーで研いでいる時間が長い割に、ちっとも進みません(涙)


次回は塗装にかかれるでしょうか??



追伸:
日本橋に面白い人がいると聞いて、久しぶりに祝日にお出かけ。(会えました♪)
その後ボークスでお買い物。
P2110976_convert_20130211214604.jpg
↑天賞堂の『架線注意』です。

青更新色のDE10に貼ったステッカーが、あまりにも小さいorz
色が鮮明でないので、ハッキリ見えません。

・・・ということで貼り替えることにしました。

だるま屋さんのインレタもあるんですが、6コでいいのに沢山あってお値段もそれなり(汗)

安くて無駄のないこちらを使ってみました。
P2110977_convert_20130211214653.jpg
↑自己主張しすぎ?

P2110978_convert_20130211215109.jpg
↑側面はいい感じ?

エッチング板なので、厚みがちょっと気になりますね~(汗)


もひとつ追伸。
今回、ご縁があってDE10-1152(きのくにシーサイド)を大阪日本橋のボークスさんに展示させて頂けることになりました(嬉)
ついでにこの青更新のボディも並べる予定です(笑)

燃料タンクが付いていない、うっかりDE10を是非ご覧ください(爆)
↑UCCさん、タンク下さい!!




それでは!!ノシ

Category: HO お座敷列車

TB: --  /  CM: 2

top △

いきいきサロンきのくにを作る その10 

皆さんこんばんは~


昨年末からプッツリ更新の途絶えていたいきいきサロンきのくにです。

今回の作業はいきなり4号車へ飛んでしまいます。
(2・3・5号車は作業がまったく同じなので・・・)

P2040956_convert_20130204221355.jpg
↑上から2号車と4号車の窓の配置を書いたもの。 この窓配置を書いたものはこのままにしておきます。
使うのは画像下側のオハ12。

前回同様に窓廻りの凹凸を平滑にして、不用なトイレ窓やドアを埋めてしまいます。

更に・・・
P2040959_convert_20130204221433.jpg
↑窓の柱をバッサリとカットしちゃいました(汗)
一度大きな穴を開けて、塞いで、新規で窓を作り直そうという試みです。

P2040960_convert_20130204221509.jpg
↑ドア部分は1mm厚で塞ぎ、窓部分は少し厚みが足らなかったので0.3mmを足してはめ込み。

この後、パテやら瞬間接着剤で隙間を埋めていきます。
P2040961_convert_20130204221607.jpg
↑このまま暫く放置します・・・

固着したらひたすら研いでいきます・・・

・・・が、そうは簡単にいかないものです(汗)
一部は凹んでたり、逆に膨らんでたりorz
P2060963_convert_20130206235311.jpg
↑ペーパーの車両とまったく同じ作業orz
塞ぐ面積が大きすぎたんでしょうね(汗) 二分割にすれば良かったかな?

どこがおかしいのか分からなくなってしまったので、サフを吹きました。
外れてしまっている箇所もチラホラあったので、再度瞬間接着剤を流し込み。
大きな凹凸にはポリパテを盛りました。
P2060966_convert_20130206235404.jpg
↑殆どが段差だったようで(爆)

ついでに屋根の修正。
P2060962_convert_20130206235233.jpg
↑今回は、ベンチレータの一部撤去だけで終わりです。
(外している所を埋めてしまいます)
クーラーは全て残します。
追加は換気扇カバーのみ。

ボディを含め、しばらくはパテの乾燥待ち・・・
うまい事いくかなぁ~???


明日から仕事が忙しくなりそうなんで、次回作業時にはしっかり固まっている事を願うばかりです。




それでは!!ノシ

Category: HO お座敷列車

TB: --  /  CM: 0

top △

キハ81系列(くろしお)製作記まとめ 

先日から思っていたのですが、

一気にひとつの車両を製作していないので製作記が飛んでしまって見えにくくなっているんではないか?

・・・と思いまして(汗)


FC2のブログにはアクセス解析なんていうものが装備されているんですが、その中に検索キーワードってものがあります。
訪問者の方が、何のキーワードでこんなへっぽこブログに来てしまった(笑)のか?を調べる事が出来るんです。

何回か連続で同じキーワードでお越しになられた方に、こんなブログではイケナイなぁ~なんて思いまして・・・

完成したものからまとめを書いてしまおう!

と思います。
何かの参考になればと思います。
↑使えない技がいっぱいなのはご容赦ください<(_ _)>


では、今回はキハ81系(くろしお)です。


2011-11/10
ここから作業開始しています。

弁天町にある交通科学博物館で資料集めをしています。
製作するのは、キハ81-5。
3では無いのは、スカートの形状が5のものだと知ったためです。
DSC_0205_convert_20111110202309.jpg
↑使用するのは、東京堂のレジンキット。KATOのキハ82から改造するパーツです。
そもそもライトなんて点灯しないキットです。

この時点でライト点灯に向けて穴開け加工を済ませています。
↑ここでかなりのハードルを上げてしまっていました(汗)

2011-11/13
キハ82の運転台部分をカットして、キハ81の運転台とを合体させました。
DSC_0209.jpg
DSC_0210.jpg
DSC_0211.jpg
↑トイレ窓(客用扉の隣の窓)が反対になってしまうので余りパーツで窓を塞ぎ、反対側は拡大させて窓を移植しました。

ここでレジンの凄さが・・・
歪がハンパなく、なかなか側面が合いませんorz
パテを盛っては削り盛っては削り・・・と繰り返していたのですが・・・
DSC_0222.jpg
↑どんどんKATOのボディが削れていきます(涙)
サボ等の表現は削れてしまいました。
雨樋の表現だけはなんとか死守しましたが・・・


2011-11/19
DSC_0223.jpg
DSC_0224.jpg
↑ここでラッカーパテ+溶きパテを塗りつけて一旦放置してました。


2012-04/22
紀州鉄道キハ603を製作中に忘れかけていたキハ81の研磨をしてみたところ、うまいこと平滑になった(笑)ので一気に復活!
P4180123_convert_20120419235726.jpg
P4180124_convert_20120419235747.jpg
↑サフまで完了しています。

この時点で、クーラー本体とベンチレータの移設を済ませています。
↑この時、常磐無線アンテナの撤去跡なんぞは全く知りませんでした(汗)

うまくいったのがうれしかったんでしょうね(笑)
塗装の順番を間違っています。
P4180125_convert_20120419235804.jpg
P4180126_convert_20120419235830.jpg
↑なぜ赤から塗装しなかったんでしょうか?
ヒゲの塗装でこの後泣きを見る事に(汗)

2012-04/26
赤色の塗装です。
P4230141_convert_20120426133745.jpg
P4230142_convert_20120426133812.jpg
↑先に窓廻りの帯を塗装し、次に裾と雨樋を塗装しています。
スカートまで塗装しているので見栄えが悪いですね~

この時の連結器は、キハ82の連結器を使用していました。
首が振らないのでまったく使えないんです(汗) 後に、ケーディーを接着で固定しています。

P4230146_convert_20120426133841.jpg
P4230148_convert_20120426133905.jpg
↑ナント奇跡が起こりました!! 一発でヒゲが完成(驚)

・・・とはいっても、こんな曲面ばかりのボディですから、吹きこみは多数ありましたorz
仕方ないので、筆塗りで誤魔化しています。

屋根はクレオスのシルバーで塗装しています。 若干色が違いますが、気動車ですしちょっとくらいは違ってもいいかなぁ~と。
クリームはガイア、赤はGM(色見がほぼ一緒だったので、途中でガイアも使用しています)

この辺りで、KATOのキハ82の先頭部分がありません。
他の方にもらわれて行ったんですが、おかげで色合わせが出来なくなったので、キハ80を増備することになりました。

本来は、キハ81だけの製作で弁天町のジオラマ(屋根が無かった時代)をするつもりだったんです
まさかこれが10両編成になってしまうとは思いもしませんでした・・・


P4250155_convert_20120426134109.jpg
P4250157_convert_20120426134134.jpg
↑他の方にキハ82の基本セットをお借りした時の画像です。
この時あまりにもカッコ良かったので、せめて7両編成にしようと思い立ったのです(笑)

2012-04/30
ライトの加工をしています。
P4270163_convert_20120430000922.jpg
↑ヘッドライト・ヘッドマークは3mmのLEDを使う事にしました。
ちなみにライトは電球色でマークは白色です。
ライトケースには、KATOキハ58のクーラーが余っていたので加工して取り付けています。
ヘッドライトレンズ+リムはKATOキハ82から流用、マークは型想いを切り刻んではめ込んでいます。

テールライトはモデルシーダーの1006赤色を使用。
レンズはKATOキハ82を加工しています。


2018-08/18
やっと基本セットを購入しました。
P8080271_convert_20120810162623.jpg
P8080272_convert_20120810162555.jpg
↑動力車を単品で購入するのは費用が嵩むため、基本セットの購入になったんです。

が、これによって先頭車が3両になってしまいました。
コレがきっかけで10両編成を組む事が決定しました。

色々と過去の編成を調べ、
・10両編成
・キハ81が先頭にいる
・キハ82が2両いる
という編成を調べると・・・

結構改造する箇所が増えていきます(汗)


2012-09/15
中古の車両を買いあさり、念願の10両編成へ♪
P9150471_convert_20120916155746.jpg
↑カメラに収まらず、7と3に分けて撮影(汗)

10両揃った記念に箱を購入。
P9150473_convert_20120916155818.jpg
↑YAMA模型の箱です。 10両ともなると、ココぐらいしか見当たりません。


2012-09/26
電飾(室内灯)を装備しました。
DSC_0409_convert_20120927011044.jpg
↑使用するのはKATO純正の電球タイプ。 採用の理由は給電方法と価格(笑) 配線が見えないというのが気に入りました。



DSC_0410_convert_20120927011059.jpg
DSC_0411_convert_20120927011119.jpg
DSC_0412_convert_20120927011150.jpg
DSC_0413_convert_20120927011203.jpg
↑電球は暗いのでカットし、新規でLEDを配線しています。
色んな方法を試したので、10両全てがこの方法を採用したわけではありません。
キハ81は夕庵式のダブルだったり、抵抗値を変えたものがあったりで、明るさが統一出来ませんorz


DSC_0420_convert_20120927011342.jpg
DSC_0419_convert_20120927011330.jpg
↑キハ82のうち、1号車に来る方は、全てLEDに取り替えました。
テールは元々LEDですが、暗いのでヘッドライト等と同様に高輝度に取り替えています。


2012-09/29
カツミのキハ81と遭遇(笑)
P9280506_convert_20120929021623.jpg
↑カツミの所有者の方とお話しましたが、やっぱりどちらの顔も似てないね~(笑)という結論に。
カツミは角張過ぎ。こっち(元は谷川がベース)は丸過ぎ。 いいとこ取りしたらいいのかも。


この日、キハ82を初期タイプに改造しています。
P9270495_convert_20120929021312.jpg
P9270497_convert_20120929021355.jpg
P9270499_convert_20120929021424.jpg
P9270500_convert_20120929021441.jpg
↑キハ82のタイフォンの表面のモールドを削り、エコーのキハ58のタイフォンを加工して貼り付け。

次はキハ81の非常灯。
点灯させるわけでもないのに、わざわざ開けてしまった上に、穴開けに失敗orz

100円ライターの中の部品をケースに見立てる技をご教授頂いたんですが、レンズが見当たりませんでした。

P9270503_convert_20120929021524.jpg
↑WAVEのアイパーツ。 人形の瞳に使うようです。
これでなんとか修正完了。


2012-10/07
キハ82の初期化工事。
屋根の修正をします。 一番の特徴が半キノコ。
PA010510_convert_20121007213326.jpg
↑半キノコは東京堂のキットに付属の物を使います。

PA010513_convert_20121007213422.jpg
↑全てのクーラーが前寄りに移動するので、固定するためのモールドは撤去します。

PA010512_convert_20121007213401.jpg
↑後期型との比較。 

キハ81も常磐無線アンテナ撤去跡を再現することになりました。
PA010516_convert_20121007213531.jpg
↑常磐無線アンテナ撤去後の部分を作りました。
正方形の台座は0.4mmのプラ板で、配管は0.4mmの真鍮線を使っています。


更に、キハ82のままだった車内販売準備室上のベンチレーターのダクトを撤去し、あまりのベンチレーターを付けています。
アンテナの台座の上には輪っかが載っているのですが、適当な大きさのワッシャーが無かったのでとりあえずここまで(汗)


キハ80のうち、動力車も初期化することになりました。
DSC_0423_convert_20121007213202.jpg
↑ナンバーを貼っている所の左右のくぼみを埋めるだけ(笑)

DSC_0424_convert_20121007213218.jpg
↑塗装は窓より下のみの塗装にしました(爆)
標記の印刷を残したかったので、中央部分を塗装して散らして誤魔化す方法を採用しました。


2012-10/12
ここでキハ82と80はダクトが不用という事が判明しました(汗)
修正後
PA110527_convert_20121012002334.jpg
↑3両とも屋根が違いますね♪
キハ81のアンテナ台座の部分は、小さなプラワッシャで代用しました。

PA110528_convert_20121012002347.jpg
↑エンドウのタブレット保護柵(キハ58用)をクリームで塗装。 乗務員扉に付けます。

キハ81は小さい方でキハ82は大きい方。
キハ58の客用扉の保護柵は幅が広いので、適当にカットして使用しています。

PA110529_convert_20121012002409.jpg
↑実際の保護柵とは何か違うような気がしますが、こんなもんで大丈夫でしょう(笑)


2013-02/05

P2040948_convert_20130205005518.jpg
↑いきいきサロンきのくにとセットで作ってもらいました。

ヘッドマークを作って頂いたので、早速取り付け。
・・・と行きたかったんですが、型想いで作ったヘッドマークのレンズが半透明なので透けてしまう事が発覚。
隙間もあったりで気に入らなかったので、プラ板から再度作成。

P2030940_convert_20130204220843.jpg
↑ちょっとはみ出していますが・・・(汗) 光が漏れない限界まで削っています。

これでデカールを貼った姿がコチラ
P2040949_convert_20130204221144.jpg
↑カッコイイ!!

P2040950_convert_20130204221210.jpg
↑全開で撮影すると文字が消えちゃうので、出力を絞って撮影しました(汗)


これで完成です!
製作期間は2年半(笑) まだキハ81はワイパーが無かったり削ってしまったサボを復活させずにモリヤのシールを貼ってしまってたりと不完全ではあるんですが、これにて終了です。




次回は165系でもまとめてみましょうかね?

Category: HO 特急型

TB: --  /  CM: 2

top △

2013-02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。