Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

2013年01月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

DE10の余ったボディで青更新色をつくる その1 

みなさんこんばんは。


前回は、きのくにシーサイドをAssyボディを使って改造しました。
案の定、押し出されて余ったボディは勿体ないので、コレを使って青更新色を作りたいと思います。


調べて見ると、もう1台も青はいないんですね(汗)
ということで、最後の青色だった1581号機を再現していこうと思います。

春に赤更新色が出たら、着せ替えなんかしてあげようと思いまして(笑)



ノーマルのDE10と比べて目立った変更点は・・・
*ホイッスル
*GPSアンテナ
*タブレットキャッチャー・保護板の撤去
*ナンバーがプレートに貼られている
*塗装変更
*正面の手摺の改造
・・・と、こんなもんでしょうか?

まずは屋根から・・・
P1260876_convert_20130127222756.jpg
↑エンドウのホイッスル(カバー付き)を装着。
取り付け部分があまりにも大きすぎるので、細くしてから取り付け。
GPSアンテナは塗装が終わってから取り付けることにします。
(マスキングの時に、前回とても邪魔だったから(汗))

次はキャブ。
P1260874_convert_20130127222739.jpg
↑タブレット関係が全て撤去されます。
P1260877_convert_20130127222817.jpg
↑勢い余って区名札差しも削ってしまうので、この後またまた天賞堂のEF15の区名札を切り刻んで貼り付け。

ここでもう塗装開始!

グレーの塗装はキャブにも及ぶので、色を合わせるために全部塗装します。
P1270878_convert_20130127222844.jpg
↑サフでもよかったかな?(爆)

次は白。
元の塗装を剥がさずに塗装するのは、元のラインでマスキングするからです。
(というのは建前で、ただ剝離が面倒なだけという噂もありますw)

その次に正面のクリーム。
スカ色で簡単に終わらせようなんて思ってましたが、どうもそのままでは濃いような気がします。

思い出したのは、だいぶ前に作った紀州鉄道の上半分のクリーム。
P1270879_convert_20130127222930.jpg
↑ドンピシャな色合いでしょうか?

次は紺色です。
この色は無いので調合するしか無いですね。
いつもの事ですが手持ちの塗料を有効活用したいので、今回も余った塗料をフル活用(笑)

ファルベの青15号+GMのJR四国カラーを、クレオスのコバルトブルーがごく微量入った瓶の中で混ぜてみました。
(空き瓶が無かったというのが正解)

塗装後はこんな感じ・・・
P1300916_convert_20130131031442.jpg
P1300915_convert_20130131031420.jpg
↑ちょうどいい感じかなぁ?

ここでナンバープレートの台座部分を取り付けるのを忘れてました(汗)

P1300917_convert_20130131031500.jpg
↑エバグリを使います。
今回もTOMIXのメタルインレタを使用するので、ギリギリに収まる寸法で探しました。

適当に切って・・・
P1300919_convert_20130131031540.jpg
P1300918_convert_20130131031523.jpg
↑ボンドで貼ります。

ここまで来て、またマスキングして塗装・・・非常に面倒なので、ここは筆塗りで(横着)

P1300923_convert_20130131031715.jpg
P1300924_convert_20130131031730.jpg
↑はみ出さないように塗れば問題なし!(爆)

ウマイ事いったので、次は正面の手摺。
P1300922_convert_20130131031647.jpg
↑ノーマルの状態。
いらないものがたくさん付いているのでカット。

P1300921_convert_20130131031616.jpg
↑一部分は青で塗装するみたいです。


これで完成か!?と思ったら・・・
P1300926_convert_20130131031803.jpg
↑塗り忘れてたorz

あとはこの塗り忘れと、GPSアンテナと台枠くらいでしょうか?


次回で完成しそうですね♪



では!!ノシ
スポンサーサイト

Category: HO 機関車

TB: --  /  CM: 0

top △

EF60 試運転 と DE10-1152を作る その4 

みなさんこんばんは。

スゴイこと寒いと思っていましたが、だいぶ風雪が強くなってきました(兵庫県南東部限定で)
明日の朝の影響が心配な丹波黒でございます。

その前にこの後夜勤なんですけど・・・



先日、朝一番から亀屋さんでEF60の試運転をしてきました。
P1250848_convert_20130126074330.jpg
↑まずはEF58との並び。
パンタの高さはちょうど良かったみたいですね♫

P1250849_convert_20130126074403.jpg
↑時代がちょっと合いませんが、スユニ+12系客車で普通列車を再現♪
マニ50が欲しいなぁ・・・

ここまで来るとやっぱりやりたくなるのが・・・
P1250855_convert_20130126074459.jpg
P1250857_convert_20130126074535.jpg
↑阪和線ではおなじみの重連です(笑)

色々な組み合わせをやってみましたが、さすがインサイド(汗)
どの動力にも合いませんでした。

ただ、単機で走らせていれば問題は全くありませんけどね~




続いてDE10-1152の続きです。
P1250862_convert_20130126074651.jpg
↑車番インレタを貼っていきます。

P1250860_convert_20130126074610.jpg
↑『宮』の標記も入れました。


続いてボンネット上の手摺も取り付けていきます。
P1250864_convert_20130126074715.jpg
P1250865_convert_20130126074732.jpg
P1250866_convert_20130126074747.jpg
↑ボンネット上の手摺は、大きなフック以外はボディと同じ色みたいです。

軟質プラなので、塗装は大変です。
フィニッシャーズのマルチプライマーを筆塗りしてから塗装します。

んで、完成した姿がコチラ
P1260870_convert_20130127222641.jpg
P1260872_convert_20130127222658.jpg
↑なかなかいい感じに仕上がりました。
1箇所だけステップを紛失してしまったのが悔やまれます(涙)

今年の春にDE10は赤更新色が出るようなので、その時にAssyパーツを手に入れなきゃいけませんな~


次回は余ったDE10ボディで遊んでみたいと思います。



では~ノシ

Category: HO 機関車

TB: --  /  CM: 0

top △

EF60を作る その4 と DE10-1152を作る その3 

皆さんこんばんは~

最近勤務時間が大幅に増え、作業時間が殆ど睡眠時間に置き換えられている丹波黒でございます。



なかなか進展しないEF60-503の続きでございます<(_ _)>


やっと動力&電装までやってきました。
動力は結局KTM純正をそのまま使うことにしました。←時間が足らなかったが正解(汗)

モーターのグリスアップでインサイド特有のうなり音+ひきずり音も消えてほっと一安心♪


続いて、電装にかかります。
P1230843_convert_20130123231240.jpg
↑用意したのは、103系を製作した時と同じもの。
丸型の端子とエンドウの室内用の基盤とプラワッシャ。

今回は基盤を置くスペースが少ないので、半分にカットしてみました。

P1230841_convert_20130123231219.jpg
↑まず、以前に仮で取り付けた配線を撤去。
ゴテゴテ付いていたハンダも吸い取り線で除去。

P1230844_convert_20130123231256.jpg
↑このように配線しました。
あとは、ボディ側の配線を組みます。

P1230847_convert_20130123231345.jpg
↑配線が当たりそうですが、なんとかなったみたいです。

とりあえず試験点灯。
P1230845_convert_20130123231316.jpg
↑まだ床板を固定していないので、ちょっと浮いているんですが・・・

KTMモータのおかげで起動電圧が高いので、ライトがかなり明るくなってから走りだしてくれるのがいいですね♫


ここでちょっと不満。
P1230846_convert_20130123231331.jpg
↑パンタの高さ低すぎ?
私のイメージは、和泉平野でパンタを目いっぱいあげて走る姿を妄想していたので、コレは無いな~と・・・(汗)

ちょっと修正しなきゃなりませんな。
DSC_0434_convert_20130125061247.jpg
↑パンタのストッパー部分を修正後がこちら。
KATOのEF65あたりの高さがこれくらいでしょうか?

最後にスカートに付いたホースを塗装して、やっと床板も留めて完成!!
DSC_0433_convert_20130125061225.jpg
↑あとは試運転だけですね~(笑)



続きまして・・・

この日、ちょっと時間が空いたので中途半端にストップしていたDE10-1152を作業再開♫
DSC_0435_convert_20130125061303.jpg
↑キャブの塗装エラーを修正ちう。

DSC_0436_convert_20130125061322.jpg
↑台枠側面の塗装をグレーに変更。 
今回も印刷表現が全て消えちゃったので、またエンド表記を作らなきゃ・・・

DSC_0437_convert_20130125061339.jpg
↑サイドの箱の部分の天板も黒で塗装して、大体の塗装が完了しました。

後は組み立て。
DSC_0439_convert_20130125061422.jpg
↑完全ではありませんが、途中でお腹いっぱいになっちゃったので記念撮影(笑)

組み立てる前に、正面窓のHゴムを黒で塗っておきました。
DSC_0441_convert_20130125061454.jpg
↑手摺やナンバーが無いせいか、スッキリした印象ですね。

DSC_0440_convert_20130125061440.jpg
↑こちらのヘッドライト、いずれは非点灯になります。


DE10は週末までには完成できそうにないな~(汗)




では!!ノシ

Category: HO 機関車

TB: --  /  CM: 0

top △

EF60を作る その3 

皆さんこんにちは~


先日、小腹が空いたのでウチに備蓄しているお菓子を探そうと台所へ。
行くと、テーブルの上に大きなマシュマロがあるではありませんか♪

こんなモノあったんだ♫なんて思って近づくと・・・
P1200840_convert_20130120164535.jpg
↑メラミンスポンジでした(爆)

こりゃ参ったorz



・・・それでは気を取り直して、EF60の続きです。

P1190831_convert_20130120164329.jpg
↑結局、パンタを買い直しました(涙)
2個で5,000円弱・・・痛い出費です。

取り付けてみましたが・・・
P1190833_convert_20130120164402.jpg
↑やっぱり寸法が違うやん(号泣)

さすがに土台がしっかりしているので、片側だけ留めただけでも大丈夫みたいなので、このままでいきます。

P1190832_convert_20130120164348.jpg
↑離れて見ると、気が付きにくいです(笑)

続いてインレタ。
今回も切り文字なので、TOMIXの分売パーツでED75を手に入れました。
EDの他に、EF・EH・DD・DEなんかがオマケで入っているので、大変重宝してます♪

P1190835_convert_20130120164423.jpg
↑そのまま貼ってもいいんですが、よく剥がれちゃうので一旦マスキングテープに欲しい分を移動。
粘着面にスプレーのりを吹いてから貼り付け。

P1190836_convert_20130120164439.jpg
↑これで番号が分かりましたね~

P1190839_convert_20130120164511.jpg
↑エンド表記を貼り付け、スカートにホースを付けました。
だいぶ近づいて来ましたね~



ここで時間切れorz
次回でやっと終わるでしょうか?

まだ動力の調整も終わってないんですケド・・・



では!!ノシ

Category: HO 機関車

TB: --  /  CM: 0

top △

EF60を作る その2 

皆さんこんばんは~


昨晩、自分の足のあまりの臭さに死にそうになった丹波黒でございます(汗)
あわや密室殺人になるところでした(-"-)

皆さん、足がムレムレの状態でファンヒーターの吹き出し口の直近で温めないで下さいね(爆)



・・・そんなことより、EF60の続きです。

今回はパンタから。

P1170820_convert_20130119031505.jpg
↑KATOのPS17パンタです。
2個で¥2,625-也。
エンドウのパンタよりもはるかに安いので、コレを使ってみようと思い立ったわけです。

ただ、色々と問題を克服しなくてはなりません。
P1170823_convert_20130119031532.jpg
↑KATOのパンタは中心のビスでシューを留めており、更にパンタそのものもこの中心のビスで固定しています。
カツミのボディでは当たり前ですが穴が無いので、大きな穴を開けちゃいます(怖)

P1170826_convert_20130119031609.jpg
↑パンタビス(碍子のところ)の大きさも入らない位に小さな穴が開いているので、1.2mmに拡張。
なんとかビスを入れて、碍子を付けた状態です。
ビスを付ける前にグレーで塗装しました。 塗装するだけで、急にカッコよくなります♪

P1170824_convert_20130119031550.jpg
↑ちょっと穴が大きすぎて既存のビスでは固定出来なかったので、ワッシャを入れました。
もちろんパンタビスのピッチなんて合うはずもないですから、碍子のすぐ下をニッパでカットしました。

ここまでは想定の範囲だったんですが・・・
まさかの中心のビスの長さが足りない・・・orz

慌ててM2×4mmのビスを加工して無理矢理固定を試みましたが、気付くのが遅れたために碍子部分がポキッorz

安物買いの銭失いって、こういうことを指すんでしょうというお手本のような結果に(号泣)
(結局パンタ買い直し)

あちこち触っているうちに、塗装もはがれたりで大変なことになりました。


再度塗装のやり直しをして、クリアも吹きました。
P1170828_convert_20130119031633.jpg
↑避雷器は後で調べると、初期の物とは違うものが付いているようだったので、エンドウの物を塗装して取り付け。
ホイッスルをゴールドで塗装しました。

P1170829_convert_20130119031648.jpg
↑電極板(?)もゴールドで筆塗り。こんな色でいいんだろうか?

P1170830_convert_20130119031703.jpg
↑正面の飾り帯はキサゲで塗膜を剥がしています。 Hゴムも色さししました。
ワイパーを付けて、ヘッドライトとテールライトにレンズを付けてみました。

まだエアホースが付いて無いですね~(汗)


ここまで来ると、やっとEF60らしく見えてきました。

次回でやっと完成するかな???
パンタ高いなぁ・・・


では!!ノシ






追伸:
こんなモノ買いました。
P1160818_convert_20130119031428.jpg
↑オハネ25-100番台です。
ホントは0番台が種車なのですが、いじっちゃうとどっちでもいいみたいなので(笑)

P1160819_convert_20130119031447.jpg
↑100番台と認識される窓廻りや、寝台ならではの高い屋根もカットしちゃうんですから・・・(爆)

何を作るのかは、皆さんもうお分かりでしょうか?


まずは機関車を完成させないとね~



では!ノシ

Category: HO 機関車

TB: --  /  CM: 0

top △

2013-01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。