Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川車両製作記

誰かお仕事と、特にお金下さい(爆)

2012年06月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

103系に室内灯を仕込む 

みなさんこんばんは~

未だにやる気低下中の丹波黒です(汗)


車の修理をしたいのですが、連日の雨のおかげでジャッキアップ出来ないので、何も進みません(涙)


なので、室内灯を作ることに・・・
ベースはおなじみ夕庵センセの室内灯です♪


P6170163_convert_20120617214841.jpg
↑用意したのはタミヤのプラパイプ。
3mmのダイオードが大量にあるので、ここで消費してしまいます。

P6170166_convert_20120617214923.jpg
↑あとは0.4mmの真鍮線。別に太さは拘りません。

P6170167_convert_20120617215018.jpg
↑真鍮線を使う理由は、銅線の代わりということと、目立たなくするためです。

P6170168_convert_20120617215045.jpg
↑パイプの片側にLEDを差し込んで、配線をエイヤッ!と曲げます。
マスキングテープの中には、タバコの銀紙が反射材の代わりに入ってます。

P6170169_convert_20120617215253.jpg
↑反対側もLEDを取り付け。これでパイプからは外れなくなりました。

P6170178_convert_20120617215408.jpg
↑リード線を付けた先に、ブリッジダイオードを付けて完成♪
なぜブリッジダイオードを先端に持って行ったかは後で説明します。


次は床板側を加工します。
Nゲージとは違ってHOゲージでは基本的に片側の台車で片方の電極のみを集電します。
つまり、2つの台車で+と-を確保しなければなりません。

P6170183_convert_20120617215345.jpg
↑エンドウの集電板を使って、どちらにも+-が来るようにしておきます。
(片側の方が集電板を節約できるかもですなぁ・・・)

で、片側の集電板にコネクタを取り付けます(上の画像でちょっと見えてましたが)。
P6170170_convert_20120617215106.jpg
↑名前忘れちゃいました(笑)ナンチャラコネクター、デジットで1本124円。

P6170171_convert_20120617215159.jpg
↑重ねると、そのまま繋げられるのがポイント♪

P6170175_convert_20120617215223.jpg
↑2個分をカットして、慎重にピンを90度曲げます。
これを基盤に半田づけすると・・・

P6170177_convert_20120617215324.jpg
↑ちょっとズレテしまいましたが、コネクタの完成です。

このピンの間隔が、ブリッジダイオードのピンの間隔と同じなので・・・
P6170179_convert_20120617215437.jpg
↑コネクタとしてそのまま使えます!

組み立てて、試験点灯♪
P6170181_convert_20120617215502.jpg
P6170182_convert_20120617215517.jpg
↑写真では明るい感じですが、実際はちと暗いような・・・

明るすぎる室内灯よりかははるかにマシなので、そのままにしておきます。

このコネクター、結構重宝するので皆さんお試しあれ♪


それでは~ノシ
スポンサーサイト

Category: HO 通勤電車

TB: --  /  CM: 4

top △

2012-06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。