Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川車両製作記

誰かお仕事と、特にお金下さい(爆)

カテゴリー「レイアウト・整備」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ミニパイクを作る(完成しています) 

皆さんおはようございますヽ(´▽`)/

納期ギリギリで間に合うのかビミョーな丹波黒でございますヽ(;▽;)ノ


なんの納期かというと・・・
2016-S4.jpg
↑ワォ!でっかいwww(画像をクリックすると全画面表示できます)
今週末に紀和鉱山資料館でイベントを開催するんです。

前回に引き続き2トン機はもちろん、新作として湯ノ口温泉で現役で頑張る4トン機を製作中なのですが・・・
ちょっとイロイロあってなかなかうまくいかなくて困ってました(汗)

そこでちょっと気分転換をしようと思ったのが間違いだったようですorz

思い返せばひと月ほど前・・・
DSC_1417_convert_20160810073705.jpg
↑コーナン(ホームセンター)にて木製の踏み台を購入(598円w) 縦20センチ×横30センチの小さな踏み台です。
自動運転の研究に使おうと思い、4つほど買い込んだのですが途中で放棄していました。

その中でひとつだけ、小さなオーバルを敷設しました。
_8010015_convert_20160810073420.jpg
↑Y字ポイントのものは自動運転で使用するつもりだったものです。
今回のイベントに手軽に持ち込めるようにということで、地面を作製することに。

_8010016_convert_20160810073442.jpg
↑レールをマスキングして・・・
_8010017_convert_20160810073503.jpg
↑土っぽい粉を撒いて・・・
_8020019_convert_20160810073545.jpg
↑ターフやフォーリッジを撒いて・・・
_8020020_convert_20160810073610.jpg
↑レールと枕木を塗装して完成!

・・・といきたかったのですが、講師役のキロハユニ師匠(笑)に
今更やけど、台枠の色変えたら?
なーんて言われちゃいまして、
DSC_1448_convert_20160810073734.jpg
↑思い切ってゼブラ塗装にしてみました(笑)

DSC_1449_convert_20160810073820.jpg
↑桁下高さ制限みたいな安全第一ですwww

このはスイッチになってて、
_8080027_convert_20160810073800.jpg
↑スイッチを押せば数分間走行できるようになっています。
使用するパワーパックの総数を減らすため、変圧器(12V→任意の電圧に変換できるもの)を設けました。

スイッチボックスの固定が間に合わず、テープで養生したままですけどwww
これにて完成です!


・・・が、湯ノ口の4トン機の進捗状況が現在60%といったところでしょうか???
間に合うかなぁ?
とにかく頑張ります!!! 

今週末にご予定のない方、是非とも紀和鉱山資料館へ♪

それでは!!ノシ
スポンサーサイト

Category: レイアウト・整備

TB: --  /  CM: 2

top △

オンザレイルさんの施設を使ってみる(HO踏切編・その4・最終)  

みなさんこんばんは~


今回は先日作った踏切の詳細をアップしていきます。

ご質問頂いたLEDの部分を中心に書いていきます。
(詳細などと大袈裟な事を書いていますが、結構簡単にできるので一瞬で終わると思いますw)

P8190338_convert_20120930014915.jpg
↑これが津川の踏切です。

矢印は敢えて撤去しています(点灯させるの面倒ですから・・・)
左側はもうひとつのランプを付け加えて4灯タイプにしています。

P8200342_convert_20120930014929.jpg
↑問題のLEDの部分です。
右は旧製品です。 今回は左側の新製品を使用しています。

P9300508_convert_20120930015107.jpg
P9300509_convert_20120930015125.jpg
↑切り離してしまってますが、この端子3つありましてそれぞれ1・2・3と番号が振られています。

試してみると、どうやら1・2がアノード(+)で3がカソード(-)のようです。

ということで、2灯の場合はそれぞれの+とアノードを繋ぎ、カソードはまとめて-へ接続します。


続いて4灯タイプ。
P8200345_convert_20120930014959.jpg
↑空中配線です(爆)
要は、上下左右が交互に点滅してもらわないとダメなので、こんなに複雑な事になってるんです。

この写真では製作途上ですが・・・


4灯の場合、補強も兼ねないといけませんので足付きのLEDを採用しています。
中心の柱みたいなものは、1mmの真鍮板です。ここが-の役目をしています。



・・・因みに2灯タイプは、MSRさんから頂いたチップLEDを全て破損してしまい、結局製品の物をカットして基盤のまま使用しちゃってます(汗)




先ほどの写真で・・・
P9300509_convert_20120930015125.jpg
↑なぜあんなとこでカットしているのかといいますと、下半分の基盤はそのまま警報機に差して使用するので、支えも兼ねて土台として利用しています。

最終的に塗装(真っ黒)をすれば配線も基盤も見えないので、これでいいかな~?なんて思ってます。



では、現在の姿。
P9220489_convert_20120930015032.jpg
P9220490_convert_20120930015051.jpg
↑塗装後(道路はそのままですね・・・)の状態。
遮断棒の部分は手前に津川の物を置いて目隠ししています。

バラストを撒くために下の部分をプラ板で塞いで密閉。 ただ、センサの接続があるので中央部分はカットしています。

ボンド水が廻り込んだのか、遮断機の動きが遅くなって実感的に・・・(笑)
センサの距離が短いので間に合わないかも知れませんね・・・



遮断棒の数は構造上片側1本しかできません。
道幅を広げたい場合は、警報機を片側に統一させた上でプラ板で道路を拡幅し、折れてる遮断棒を作れば出来ないこともないかも・・・

あとは創意工夫ですね♪


こんな感じですけど、お分かり頂けたでしょうか?


Category: レイアウト・整備

TB: --  /  CM: 2

top △

2017-04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。