Admin   Newentry   Upload   Allarchives

枝川製作所の日誌

鉄道模型にどっぷり浸かった人生(笑)

カテゴリー「ナローゲージ」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ニチユ製2t機関車を作る 

皆さんこんにちは~

昨日、ヤル気と元気と根気と勇気があれば本日中に更新・・・と言ってましたが、全ての要素が欠落(笑)してしまいました。


さて始まりは四月の初旬。
たかラピュタの人(笑)から
バテロコ作ってよ(はぁと)
なんて言われましたw
ついでに・・・
納期は4月末ね♪
と期限まで付けられまして(・・;)

何もかも放ったらかしにして作業開始となりました(汗)
今回は前回にも増して駆け足です(汗)

製作するのは、タイトルの通りニチユ製2tのバテロコ。
DSC_1005_convert_20150806050150.jpg
DSC_1006_convert_20150806050206.jpg
↑三重県熊野市の紀和鉱山資料館の前に展示されている、元石原産業の機関車です。
初めてコイツを見たとき、あまりの小ささに惚れちゃいまして・・・  いつかは作ってやろうと思ってましたが・・・
まさかこんなタイミングとは(・・;)

寸法はたかラピュタwの方が計測しておられたので、そこから縮尺をかけていきます。

前回製作の加藤君は1/48なのでこちらも同じ縮尺にしようと思ったのですが・・・
長さはなんとかなるものの、幅が収まりません。  16.5ミリのレールでは難しい(´・ω・)

仕方がない・・・ということで、今回は人形の都合もあるので1/35でいこうと思います。
(戦車等の縮尺にしておけば、兵隊さんが使える)

DSC_1300_convert_20160503120625.jpg
↑動力はアルモデルさんのアルモーターを使用しました。 加藤君での性能の良さが際立ったたので採用です。
軸距は20ミリを使用しますが、このままでは台枠部分に収まらないので、前後の余白を詰めて使用しています。
また、フライホイールが邪魔だったので一旦取り外して軸を切断。  反対側の軸に再度取り付けてあります。


DSC_1301_convert_20160503120642.jpg
↑軸受部分はアルモデルの北陸4トンの分売パーツを加工。  上部は板バネではなくコイルスプリングなので、不要な部分は切除しています。

DSC_1302_convert_20160503120656.jpg
↑コイルスプリングはちょうどいいもの見つけましたwww
昔懐かしいTOMIXのスプリングウォーム(笑) 旧製品なので2本入りでナント60円wwwwww

DSC_1303_convert_20160503120709.jpg
↑詰まっているところを使えば、それっぽく見えるんじゃないかな?

DSC_1304_convert_20160503120722.jpg
↑ボディはプラ板を使用します。 今回はフルスクラッチ初心者なので、waveの方眼入のプラ板を使用しました。

DSC_1305_convert_20160503120736.jpg
↑台枠部分が完成。  作業員が乗るところはちょっと小さくて狭かったので、後に取り替えています。

DSC_1308_convert_20160503120752.jpg
↑バッテリーケースもザックリと作ってみました。  ここまで厚さ1ミリのプラ板を使ってましたが、イロイロと違和感が出てきたので、ここから0.5ミリや0.3ミリも使っていくことに。

DSC_1310_convert_20160503120806.jpg
↑炭車の黒染めが失敗していた時に、バッテリーケースを少々変更。
作業員が乗る部分も0.5ミリプラ板で改良し、朝顔連結器が取り付けできるようにしておきました。

DSC_1313_convert_20160503120848.jpg
↑後方の角を削って、パテで修正。  マスコンはアルモデル製のものをカットして使用。
写真を撮り忘れているのですが、スイッチパネルや正面のピンリンクの台座、ヘッドライトや手摺も追加しています。

DSC_1314_convert_20160503120836.jpg
↑一気に塗装!
青15号にしようか悩みましたが、青20号で塗装してみました。

DSC_1315_convert_20160503120903.jpg
↑インレタも貼っていきます。 車番は1/24の車のプラモから、ナンバーの文字を切り貼りしてみました♪
コーションプレートはそれっぽいのが無かったので、エコーの号車札やだるま屋の機関車製造銘板などのエッチングを裏返して接着しています。
(この時、加藤君は両端にヘッドライトと朝顔をつけました。 なので、バック運転も可能に♪)


お人形さんを塗装し、LEDを装備して・・・
DSC_1321_convert_20160503120928.jpg
↑完成!!(できたのは5/1でした(´・ω・))

DSC_1325_convert_20160503120939.jpg
DSC_1326_convert_20160503120954.jpg
↑お人形さんはやっぱり外人で大柄だったので、足首あたりを詰めてちょっと短足に(笑)
作業服の色はクレオスの『畳』というナントモ直球な名前の色をつかってみましたwww
バテロコの床には鉄板を仕込み、お人形のカカトにネオジウムを埋め込んで固定する方法を選びました。

個人的には、スイッチやホーンあたりの表現がお気に入り(笑)
実際のバテロコはバッテリーケースと台枠の間にコネクタを接続しています。
この部分は0.3の真鍮線と極細のコードと小さな圧縮端子を組み合わせておきました。



いや~  なんとか完成して、正直ホッとしていますヽ(´▽`)/
厳密に言うとおよそ2週間ほどの製作期間でしたからねぇ(´・ω・)

なぜこんなに急いだのかというと・・・
~イベント告知~

5月5日(こどもの日) 9時~17時(最終入場16時30分)

熊野市 紀和鉱山資料館にて(入館料:大人300円・小/中学生100円)
http://kiwa.is-mine.net/
↑URLをクリックすると、資料館のHPに移動します。

ここで、キロハユニさん達と『鉱山の鉄道模型を走らせよう』 というイベントを開催させて頂くことになりました。
DSC_1318_convert_20160503120915.jpg
↑画像の運転盤で運転体験ができます!
画像は製作途中のものですが、現在はバッチリ完成しているそうです♪

詳細につきましては、上記の熊野市・紀和鉱山資料館のホームページをご覧下さい。
また、キロハユニさんのブログも見てください!
写真と模型で鉄分補給 Moso Factory


以上、製作がおわって真っ白に燃え尽きた丹波黒でした(笑)


次は何を作ろうかなぁ???
それでは!ノシ
スポンサーサイト

Category: ナローゲージ

TB: --  /  CM: 0

top △

Oナローを始めてみる その2 

皆さんこんにちわ~ヽ(・∀・)ノ
ナンダカンダやってるうちに、ひと月経ってしまった丹波黒でございます・゜・(ノД`)・゜・

遅れた原因は次回にでもお話することにしましょう。


さて前回からの続き・・・(今回は画像も多めです)
パーツの変更と追加を行いました♪
DSC_1291_convert_20160502102709.jpg
DSC_1292_convert_20160502102728.jpg
↑間違い探しができそうですwww

DSC_1287_convert_20160330094434.jpg
DSC_1288_convert_20160330094446.jpg
↑ちなみにコチラが前回の画像。

自分でも見落としてしまいそうwですが・・・
*前後のヘッドライトを小型のものへ変更
*見えにくいですが、乗務員ハンドルの形状を手摺からハンドルに変更
*海軍マークの撤去
*煙突の追加
(この作業、ホボひと月前にやっていたので記憶が・・・(・・;)多分これダケだと思います)

ヘッドライトはロボ系のパーツ、ハンドルはエコーの蒸気関係のパーツ、煙突は戦闘機の機銃だったりします(笑)
煙突が一番のお気に入りポイントです♪  小さいのにちゃんと穴が開いています。
キットの次に値段が高いのは、実はこの煙突です(2本入で2つ買うとキットが買える)


さっさと塗装しちゃいます。
加藤製作所・機関車で画像検索してみると・・・殆ど単色なんですね(汗)
キットのベースにもなった海軍仕様のグレーとか、工事現場で活躍した山吹色とか・・・

面白くないので、なんか可愛い色に塗っちゃいましょう(笑)
DSC_1298_convert_20160502102756.jpg
↑勢いだけで1本だけ買った、PECOのレールに載せてみましたwww
上半分はセールカラー、下半分はまさかのシャアピンク(笑)
朱色が退色したら・・・ということで許してくださいw
正面の台枠は安定のゼブラカラー♪

DSC_1299_convert_20160502102808.jpg
↑100円ライターで大きさ比較。
この加藤君は天井が低いので、なんだかちっちゃい感じがしますねぇ

フェルトバーンのDLなんかはキャブが背高でカワイイので、次回はあーいうのもいいなぁ♪

その前に、せっかく機関車ができたんだし何か牽かせて遊びたいなぁ~とかなんとか言ってたら・・・
たかラピュタの方(笑)からお題を頂きました。

完成期限が迫っていたので、とりあえず客車は見送り。
簡単な鉱車を作ってしまいます。
DSC_1306_convert_20160502102821.jpg
↑アルモデルさんの鉱車キット(1セット2両入)です。  お財布に優しく、とても簡単に加藤君のお供ができちゃいます。
人気商品らしく、メーカーに問い合わせたら最後のふたつ(・・;)  再販して欲しいなぁ・・・

はじめに作った2両は、たかラピュタのお宅で黒染めしてみました。
DSC_1307_convert_20160502102851.jpg
↑自然なムラができて素敵だったので、そのまま無塗装で仕上げました。

加藤君との連結は朝顔連結器を使うことに決めていたんですが、Oナロー用の朝顔がちょっと大きいような気がして仕方なかったので、これもアルモデルさんのHOナロー用カプラーを使用しました。
大きさはこっちのほうがしっくりくるんですけど・・・実際はどうなんでしょ???

車番(管理番号?)はカトーのヨ8000の車番インレタをつかってみました。
DSC_1312_convert_20160502102905.jpg
↑残りの2両も黒染めにしたんですが・・・  うまくいかず、どんどん腐食が進むばかり・゜・(ノД`)・゜・

DSC_1316_convert_20160502102925.jpg
↑仕方がないので、ジャーマングレーで塗装してなんとか復帰(笑)  中央の2両が塗装バージョンです。
HOナロー用の朝顔連結器が足らなかったので、中間部分はドローバーを使うことに。

さらに追加でもう1編成作ることになったのですが・・・
これは次回に載せることにします。
もう完成してるので、ヤル気と元気と根気と勇気があれば本日中に更新します。


それでは!!ノシ

Category: ナローゲージ

TB: --  /  CM: 2

top △

Oナローを始めてみる その1 

皆さんこんにちは~ヽ(・∀・)ノ
早めの更新を・・・と言いながら2週間も経ってしまい、時間の速さを痛感している丹波黒でございます(汗)

先日、ご縁がありまして久々に運転会にお呼ばれしてきました♪
DSC_1285_convert_20160330094408.jpg
↑写真はたった1枚なんですがwww

滋賀の和さんで行われた運転会で、16番がガラ空きなのでどうですか?とお誘い頂けました。
(といは言っても、16番参加者は私を含めたった2人でしたw)

この時に動力の試運転も行いました。
DSC_1279_convert_20160330094320.jpg
↑ターレット機関車の動力部分のみを再改造しました。
前回はキドモーターでの駆動でしたが、今回はギアードモーターを使用しました。
集電板は真鍮から燐青銅線に変更しています。
MPのシャフトは2mmですが、ギアードモーターの出力軸は3mm。

ということで・・・
DSC_1280_convert_20160330094333.jpg
1458261551717_convert_20160330094300.jpg
↑ジョイントを付けてみました。 また、モーターもボルスター部分に固定したので、ギアボックスが暴れずに済みそうです(笑)
ジョイントが長すぎて、まるでキャノン砲wwwww

試運転の結果は・・・

電圧は10ボルトで試してみましたが、結構ユックリで走ってくれました。
ポイント等もつっかえることなく、かなり安定していました。

ただ、無理に9.5mm車輪を履かせているのと、台車がカトーのDT22(樹脂製)なので、1箇所だけどうしても脱線を起こす場所がありました。  ココはジョイント部分と併せて今後の研究課題になりそうですねぇ~



んで、ここからが本題。
DSC_1281_convert_20160330094345.jpg
↑遂にOナローの世界へ突入!!(大袈裟)

自作動力に自作ボディでナローをやりたい!!って思ったんですが・・・
スケール感がイマイチ掴めないので、教本とも言えるアルモデルさんのキットを購入しました。
オマケパーツも多く、動力も封入されてて、何より安い!

DSC_1282_convert_20160330094357.jpg
↑サクサク進んでます♪
エッチングキット初心者なんですが、とっても作りやすいですね~♪
 
DSC_1287_convert_20160330094434.jpg
DSC_1288_convert_20160330094446.jpg
↑あっという間にここまでできました。
連結器はピンリンクを使いたいので、カプラーポケット開口部は付属のパーツで塞いでいます。
ヘッドライトはチップLEDで光らせたいなぁと思い、エコーの100W前照灯を付けてみました。

ここでワタクシのナローの師匠(キロハ●ニ氏)に検閲をお願いしたところ・・・
ヘッドライトでか過ぎ(-_-)
と言われてしまったので、ただ今修正中です。

修正が終われば塗装に入れます。
海軍仕様だと灰色一色となってしまい、非常にツマんなくなりそうなので可愛い色を検討中です(笑)

来週末くらいには完成できるかな?



あ、マフラー付いてない(´Д`;)

それでは!!!ノシ

Category: ナローゲージ

TB: --  /  CM: 4

top △

【今回は】ナローゲージに挑戦する【競作!!】 その2 

皆さんこんにちは~

今日は軽便祭ですが、近畿に残留の丹波黒でございます(´・ω・`)
軽便祭には体は参加できませんでしたが、ターレット機関車だけが参加しておりますwww


先日の続き・・・
1443090932688_convert_20150928144723.jpg
↑2号機の製作に取り掛かりました。
前輪部分のオーバーハングが気になったので、今度はターレット機関車そのものの形を追うことにします。
ベースの運転台部分だけでは少々足りなかったので、プラ板を少しだけ延長しました。

1443411897931_convert_20150928144823.jpg
↑スカート等も作ってみました♪ 2号機は台車をKATOのDT22のマクラばねを撤去したものにしました。
駆動は1号機同様のキドモーター+MP単軸仕様。 車輪は10.5mmから9.5mmに変更しました。


ここから写真を撮り忘れ・・・

1443411878103_convert_20150928144800.jpg
↑いきなり塗装完了www しかもデカールまで貼ってるし(笑) 筒の部分は1号機から拝借。

ここで完成だー♪ なーんて言ってると、競作のお相手の方から飛び蹴りを喰らいそうなので・・・
DSC_1121_convert_20150928145124.jpg
↑お供のトロッコも作成しました。

車輪はアルモデルの7mm、軸受はホビダスのキハ40についてくるプラのDT22台車。
裏にKTMの軸受を装備しているので、転がりはバッチリです。

DSC_1124_convert_20151004122141.jpg
↑連結器もナントカして取り付け、ここで完成!! とはいかず、ヘッドライトを仕込みましょう。

簡単な電装となるはずだったのですが・・・
DSC_1126_convert_20151004122212.jpg
↑思い切ってヘッドライトを取り外し、穴を拡大しちゃいました!

前回の記事にも書きましたが、やっぱりライトが小さいのが気に入りません。
極端にデカい方が愛嬌があっていいんじゃないか? と思いまして、、、
DSC_1125_convert_20151004122159.jpg
↑エンドウの250wヘッドライトを加工。 電球の部分の穴を拡大させ、1.8mmの電球色LEDを仕込みました。
薄作りをしなかったので、このあとかなり飛び出てしまうんですけどね・・・(汗)

DSC_1128_convert_20151004122223.jpg
↑ひとまず完成! 出っ張ったヘッドライトは、出過ぎたほうが良かったと思い込むことにしましたwww

DSC_1129_convert_20151004130034.jpg
↑背景が真っ白なので、なんの面白みもないんですケド・・・
そうそう、導通テストを行ったのみで、試運転すらやってないんですけど・・・現地で走っているのかな???

とりあえず、この状態(に、足マットを追加してます)で軽便祭に出かけて行きました(笑)
どこでどのように展示されているのかチットモわかりません(汗)

競作相手様のターレット機関車(相手様はHOナロー)共々、宜しくお願い申し上げますヽ(´▽`)/



それでは!!ノシ



Category: ナローゲージ

TB: --  /  CM: 2

top △

【今回は】ナローゲージに挑戦する【競作!?】 その1 

こんにちは~

最近やる気が急降下の丹波黒でございます(´・ω・`)
EF67-100の電装の相次ぐ失敗と、113系-800の塗装ミスが重なって、完全に意気消沈しておりましたorz

そんなある日、キロハユニさんから面白い写真が・・・
編集長敬白 「品運」のターレット機関車。
↑クリックすると、記事に飛びます。

卸売市場なんかでよく見るターレットが機関車になってる!!!
こんな可愛いの、自分も欲しいww
キロハさんの『競作しちゃう?』という話に乗っかってみました(笑)

・・・という訳で買ってきました♪
DSC_1120_convert_20150928145110.jpg
↑アオシマさんの1/32スケール、ターレーやっちゃば仕様w
オマケ欲しさに・・・
DSC_1107_convert_20150928145056.jpg
↑ニチユバージョンも購入www

アチラはHoナローでいくみたいですが、こちらはそのままでやることにします。
1/32ですが16.5mmに載せるのでOナローもどき?
ナロー初作品がスケール無視になってしまいましたw

さて、素組みで車輪を付けてもいいのですが、できれば可愛くしたいので・・・
1443412004973_convert_20150928145025.jpg
↑メッシュを金属エッチングに置き換えてみました。
実際は違いますが四角い穴が小さくなってしまっているので、それよりかはマシかと(汗)

ヘッドライトは四角いシールドビームが気に入らなかったので、エンドウの583系や485系の頭に付くライトを埋め込んで、丸型にしてみました。
ちょっと小さいような気がするけど・・・?

1443412000106_convert_20150928145012.jpg
↑モーターはイロイロ吟味した結果、キドモーターを片軸にすることで解決しました。
エンジン部分にすっぽり収まります♪

1443411993942_convert_20150928144946.jpg
↑長さは途中で詰めて2/3の長さとしました。

コレには理由があって・・・
1443411996570_convert_20150928145000.jpg
↑だいぶ前に、KATOのオハ47が市場に無かった時に、スハ43の台車を振り替えてオハ47を製作した時のあまりがずっと転がっていたんです。

もう5年は放置してるので、これを活用します! この台車が収まる長さに調整しています。
駆動部分はMPギアを1軸ごとに切り刻んで使用しています。

写真にはありませんが、中央部分の板ばねは撤去して、エアタンク(コンプレッサ付いてないはずなのにw)を付けています。

1443411979361_convert_20150928144919.jpg
↑荷台部分に滑り止め表現のエッチング板を付けることに。
流し込み接着剤を使い、一体化させてしまう予定です。


1443411948029_convert_20150928144855.jpg
↑仕切り板も設置して、付属のおじさんを載せてみて、サイズを確認!!
仕切りがデカいなぁ・・・

1443411933720_convert_20150928144907.jpg
↑荷台も小さいですし、そこまで仕切りが高くなくてもいいんじゃね?
という訳で、2/3にカット♪  こんなもんでいいんじゃないかな?


んで、塗装開始!!
1443411916902_convert_20150928144838.jpg
↑クレオスの黄橙色を使って塗装。
センターのスロットル用のハンドルは違う色で塗装するつもりです。
※モーターの中心が分からなくなるので、取り付けは一番最後です。

ここで、思うことがひとつ。
あんまり可愛くないorz
短くなっているので元の状態よりかは遥かに可愛いのですが・・・
何かが足りない?

だったら、2台入りだから、もう一個作っちゃおう(笑)
と思っていたら、ここでキロハさんの検閲が・・・
ちょっと黄色過ぎへん?(威圧
確かに黄色いねw ということで、黄橙色に朱色5号を混ぜて再塗装。
1443411893367_convert_20150928144812.jpg
↑後ろの方が気になりますが(笑)  こんなもんかな???


現在は1号機はほっといて(笑)、2号機を製作中です。
軽便祭には到底間に合わんなぁ・・・徹夜コース?


それでは!!ノシ


Category: ナローゲージ

TB: --  /  CM: 2

top △

2017-09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。